KennyHeadway's miscellaneous notes

雑記のコンテンツを集めて情報発信できるかな

半導体不足 (5) コネクタが昨日出荷されたようだ

コネクタが来年の夏ごろに入荷すると案内があって、もう諦めていたのだが、昨日出荷されたというメールが届いた。好意的に考えれ、製品が生産され始めて品不足が解消されつつあるかなと思うが、まだまだ先が長いようだ。

f:id:KennyHeadway:20211014080319p:plain

半導体不足の話題とは離れてしまうが、コロナ渦で経済の動きが復活してくると、エネルギー不足とか、原油天然ガスの価格が上昇したりして、弊害がいろいろと出てきているようだ。世の中の動きを常にチェックしながら、半導体に限らず、モノが買えなくなるような状況を避けていきたい。

今気になっていることを挙げてみると以下の内容だ。

  • アメリカのインフレ(一時的なものだと言ってきたがずっと続いている。インフレを認めてしまうと金融緩和策を縮小し、マーケットがそれに反応して状況が変わっていく)
  • 韓国のウォン安(1ドル1,200ウォンを超えると危ないという話もあるが大丈夫か)
  • 中国のエネルギー不足(なんだかエネルギーが不足しているらしい。情報があまりオープンでないのでいささか気になる)

今が過渡期と言えるのかどうかは判断できないが、徐々に経済の復興は望んでいる。職場でも、前年比の売り上げが3割減のようで、先に花開く何かを模索しているところである。

 

ハイブリッド免疫

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

なお、文中の括弧内の数字はこの内容の参考文献である。

https://www.science.org/doi/10.1126/science.abj2258

 

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)の感染に対する免疫は、国際社会にとって極めて重要な問題である。そのため、その免疫の質と期間を決定することが鍵となる。しかし、適応免疫系は複雑であり、これらの要素は、(感染によって得られる)自然免疫とワクチンによって生成される免疫とで異なる可能性がある(1)。さらに、組み合わせの問題もある。自然免疫を持つ人が、その後ワクチンを接種すると、どのような免疫が発現するのでしょうか。このような「ハイブリッド免疫」は、過去にSARS-CoV-2に感染したことのある人が、COVID-19ワクチンに対して非常に強力な免疫反応を示すという注目すべき発見があったことから、特に興味深い(2)。このことは、本号の1413ページと1418ページに掲載されているStamatatosら(3)とReynoldsら(4)の2つの研究でも例証されており、亜種に対する自然免疫反応とワクチン誘発免疫反応が強調されている。

免疫学的記憶は防御免疫の源である。SARS-CoV-2に対する自然免疫とワクチンによる免疫は、防御のための2つの異なる経路である。適応免疫系は、3つの主要な枝から構成されている。適応免疫系は、B細胞(抗体の源)、CD4+T細胞、CD8+T細胞の3つの主要な枝から構成されている。自然免疫では、SARS-CoV-2に対する免疫学的記憶が、CD4+ T細胞、CD8+ T細胞、記憶B細胞、抗体について、8カ月以上にわたって観察されており(5)、比較的緩やかに減少し、1年以内に部分的に安定するようである(5-7)。免疫のレベルはスペクトル上に置くことができ、症候性感染に対する自然免疫(COVID-19)は、SARS-CoV-2の懸念されるバリアント(VOC)B.1.1.7(α)が蔓延している場所を含む大規模な研究において、7~8カ月間で93~100%であることがわかっている。

 

抗体認識を大幅に低下させる変化を持つ変種(B.1.351(β)、P.1(γ)、B.1.526(ι)、B.1.617など)に対する自然免疫はあまり明確ではなく、そのような変種では再感染が多いという証拠がある(8)。ほとんどのVOCに対する中和抗体活性は、自然免疫やワクチンによる免疫では低下する。ほとんどのVOCが部分的に抗体から逃れるための変異を持っていることは、自然免疫を逃れるための選択圧の証拠である。変異体に対する中和抗体力の低下の生物学的妥当性は、ワクチンの臨床試験や観察研究から最も明確に示されている。現在使用されているCOVID-19ワクチンのうち、ChAdOx1 nCoV-19(AstraZeneca社)のワクチン効果は、B.1.351に対して75%から11%に低下した(9)。一方、BNT162b2(Pfizer/BioNTech)ワクチンは、B.1.351に対する症状のある症例に対する有効性が約95%から75%に低下し、重症化に対する防御率は97%にとどまった(10)。初期の報告では、両ワクチンともB.1.617.2(デルタ)に対する有効性のほとんどを維持していることが示唆されている。

f:id:KennyHeadway:20211006082907j:plain

出典:Science Hybrid Immunity 図を翻訳

 

 

過去に感染した人にワクチンを接種するとどうなるのでしょうか?Stamatatosらの研究やReynoldsらの研究を含むいくつかの研究では、自然免疫とワクチンで生成された免疫の組み合わせによる「ハイブリッド活力免疫」という素晴らしい相乗効果が生じるという結果が得られている(図参照)。SARS-CoV-2に対する自然免疫とワクチンで生成された免疫を組み合わせると、予想以上に大きな免疫反応が生じる。

ハイブリッド免疫には、B細胞とT細胞の両方の要素があるようだ。VOCに対する抗体介在性免疫に関する重要な問題は、中和抗体の減少がVOCの本質的な抗原性の低さによるものかどうかということである。つまり、B細胞が変種の変異したスパイクタンパク質を認識することは本質的に困難なのだろうかということである。答えはノーである。B.1.351の自然感染の研究では、中和抗体反応はその変異体と祖先株に対して強固であることが示された(11)。さらに、B.1.351ではないSARS-CoV-2に感染したことのある人にワクチンを接種すると、B.1.351に対する中和抗体は、ワクチンにも感染にもB.1.351のスパイクが含まれていないにもかかわらず、感染のみの場合の約100倍、ワクチン接種のみの場合の25倍にもなった。この中和の幅広さは、Stamatatosらによって最初に報告され、その後、複数のグループによって確認されました(4、12)。SARS-CoV-2既感染者へのワクチン接種後の抗体反応の強さと幅広さは、全体的に予想外のものであった。

なぜこのような顕著な中和の幅が生じるのか。記憶B細胞が主な理由である。記憶B細胞には大きく分けて2つの機能がある。1つは、同じウイルスに再感染した際に同一の抗体を産生すること、もう1つは、抗体の突然変異のライブラリ、つまり免疫学的バリアントの備蓄をコード化することである。最初の感染に反応して作られたこれらの多様なメモリーB細胞は、将来どのようなウイルスの亜種が出現するかを免疫系が先取りして推測しているように見える。この見事な進化戦略は、SARS-CoV-2に対する免疫ではっきりと観察されている。記憶B細胞のかなりの割合が、VOCを結合または中和する能力を持つ抗体をコードしており、それらの記憶B細胞の質は時間の経過とともに高まっている(7)。したがって、SARS-CoV-2既感染者へのワクチン接種後のバリアント中和抗体の増加は、最初の感染後に生成された多様で質の高い記憶B細胞の呼び出しを反映している(7, 12)。

多様な記憶B細胞の生成には、T細胞が必要である。感染やワクチン接種に対するB細胞の進化は、胚中心と呼ばれる免疫学的な微小解剖学的構造によって支えられており、T濾胞ヘルパー(TFH)CD4+T細胞の指示により、T細胞に依存している。このように、T細胞とB細胞が協力して、変種に対する抗体の幅を生み出しているのです。さらに、T細胞は想起段階でも重要な役割を果たしているようです。記憶B細胞は、積極的に抗体を産生するのではなく、再感染時やその後のワクチン接種時にのみ抗体を産生する静止細胞です。記憶B細胞は、自然感染やワクチン接種のみの場合と比較して、ハイブリッド免疫では5倍から10倍に増加します(3, 12)。ウイルス特異的CD4+T細胞とTFH細胞は、SARS-CoV-2記憶B細胞の呼び出しと拡大、および高い抗体価の獲得に重要な役割を果たしていると考えられる(13、14)。

SARS-CoV-2の再感染に対する防御には、抗体が明らかに関与しているが、T細胞の寄与も指摘されている(1)。自然感染したSARS-CoV-2に対するT細胞の反応は非常に幅広く(1)、ほとんどのT細胞エピトープはVOCでは変異していないことから、T細胞による防御免疫への貢献は維持される可能性が高い(4, 15)。現在使用されているCOVID-19ワクチンのほとんどは、単一の抗原であるスパイクから構成されているが、SARS-CoV-2には25種類の異なるウイルスタンパク質が存在する。したがって、現在のCOVID-19ワクチンでは、CD4+およびCD8+ T細胞応答のエピトープの幅は、自然感染の場合よりも制限されている(1)一方、ハイブリッド免疫はスパイクおよび非スパイクT細胞メモリーの両方から構成されている。特に、Pfizer/BioNTech社とModerna社のCOVID-19メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンは、既感染者のスパイクCD4+T細胞応答を1回の免疫で大幅に高めることができる(3、4、13、14)。2回のワクチン接種後のT細胞応答の違いは、これらの人ではより多様である(3, 13)。

免疫系は、感染であれワクチン接種であれ、新たな曝露に対して、生成・維持すべき免疫学的記憶の大きさに関する費用対効果の脅威分析を行います。これには資源投入の決定が含まれる。つまり、数十年に渡って、体中の細胞やタンパク質を増やす可能性がある。このような免疫学的なコスト・ベネフィット分析に関わるすべての計算は解明されていないが、長年の経験則では、繰り返しの暴露は脅威の増大と認識される。そのため、2回または3回に分けて接種するワクチン療法が成功している。ハイブリッド免疫には、繰り返しの曝露に対する反応の高まりが明らかに関与しているが、それほど単純ではない。なぜなら、2回目の曝露(感染後のワクチン接種)に対する反応の大きさは、非感染者の2回目のワクチン接種後よりもはるかに大きかったからである。さらに、既往感染者では2回目のワクチン投与に対する反応はわずかであり、単純には予測できない免疫プラトーを示している。さらに、いくつかのSARS-CoV-2ワクチン研究における既感染者には、無症候性のCOVID-19症例と症候性のCOVID-19症例が含まれていた。このことから、ハイブリッド免疫の大きさは、過去のCOVID-19の重症度に直接比例しないことがわかった。

全体として、SARS-CoV-2に対するハイブリッド免疫は非常に強力であると考えられる。この相乗効果は、ワクチン接種後のT細胞反応よりも、主に抗体反応に認められるが、抗体反応の増強は記憶T細胞に依存する。この不一致をよりよく理解する必要があります。自然免疫とワクチン免疫のハイブリッドアプローチは、再現性のある免疫増強方法となるのでしょうか?帯状疱疹を予防するShingrixワクチンは、水痘帯状疱疹ウイルスに感染したことのある人に投与されるが、その効果は驚くべきものであり(有効率約97%)、ウイルス感染だけの場合よりもはるかに高い抗体反応が得られる。これらの原理は、ワクチンの組み合わせにも当てはまる。異種混合のプライム・ブースト・レジメンにおいて、2種類の異なるワクチンを組み合わせると、使用する順番や組み合わせるワクチンの種類にもよりますが、理由はよくわかっていませんが、どちらか一方のワクチンだけの場合よりも、実質的に強い免疫反応を引き起こすことができることが長年観察されてきました。これは、mRNAとアデノウイルスベクター、あるいはmRNAとリコンビナントタンパク質ワクチンなど、COVID-19ワクチンの組み合わせで起こる可能性があります。SARS-CoV-2の免疫学に関するこれらの最新の知見は、嬉しい驚きであり、COVID-19やその他の疾患に対するより優れた免疫力を生み出すために活用できる可能性がある。

 

 

半導体不足 (4) ご丁寧に納期延期の通知があった。

今回は文字だけの話になる。3日前に、コネクタの納期遅延の連絡が届いたので、あきらめモードになっていたが、ご丁寧に、1か月遅れるという通知をメールで受けた。こうした状況から、この業界全体として、かなり品不足で混乱していることが伺える。

私の業務の中で、ある電子回路の開発をしているが、絶縁部品デジタルアイソレータが入手できなくほかのメーカーに余儀なく変更した。これはもう2か月程前の話だけれど、Silicon Labsというメーカーのものだった。実際に試作基板ができて、絶縁の耐圧が5kVも要らないから、省スペース化で今度どうしようかなと、部品の型式を入力したところ、Silicon Labsでヒットしなかった。ちなみにSilicon LabsはUSB―シリアル変換のICも取り扱っているメーカーである。私はそれについてはFTDI社のものを使っている。

さて、デジタルアイソレータであるが、Silicon Labsのある部門が他社に売却されていたことを今になって知った。

jp.reuters.com

私が使いたかったデジタルアイソレータはSkyworks社のブランドで今後供給されるということになる。信号を絶縁して向こう側に伝える部品の需要も少なからずあるとは思うが、それよりも需要が多い部品(ロイターのニュースでは、売却によりスマート家電向け無線通信チップに経営資源を集中させると述べられていた)。

アメリカというわけではないが、会社の売却、買収は、日常茶飯事的に行われている。半導体に限らず、業務で海外から仕入れていた商品が、社名が変わったことで、直接入手できなくなったり、日本国内の指定代理店から購入しなさいと言われたことがあったり、個人的にはさほど驚くことではない。だけれどね、自分が(思いを込めて(前はそれほどではないけれど、今は結構思い入れが大きいかな))開発しているものに関わってくる話であると、こうした部門売却の話は複雑な気持ちになる。

日本の日付では4/23に発表されたニュースで、当時は全然スルーしていた。部品をホームページで見てみよう→いつも見ているホームページがない→データシートはヒットしたがブランドが変わっている→会社がなくなっちゃったのと思い再検索。このニュースから5か月経過して現実をようやく知って理解したところである。

ブランドが変わったために、部品のスペックが変わるということは無いとは思うが、こうした半導体不足のひどい時期にどうやって対応するかが今後のスタンスとしては必要だ。現在の開発は試作基板でしばらくマイコンのプログラミングやそのほかの評価で私自身の仕事がなくなるわけではないが、もう一つ現行製品を新しく改良した開発をするにしても、欲しい部品が買えないという困った状況がある。こうした困った状況を何とか打開したいと思うところだ。

半導体不足 (3) コネクタまで影響が及んでいる

現在仕事で開発している試作基板は、部品も代替しながらなんとか納品された。コネクタを使っているので注文したが、納期が延期されたという通知のメールが届いてしまった。取引先の方と話をしている中で、コネクタも入手ができなくなってきていると1週間ほど前に聞いていたが、現実に経験すると痛感する。

 

f:id:KennyHeadway:20210927084400p:plain

学校を卒業して駆け出しの頃は、ユニバーサル基板の穴ピッチにあうXHコネクタを使っていた。ところが、基板の実装スペースのことを考えると、コネクタも小さくしたいなと思っていて、ZHコネクタを使おうと思っていた矢先だ。2ピンのものが来年の6月末とは気が遠くなる。ZHコネクタで6ピンのものは、他の通販でゲットできたが、こうした入荷できない事態は、今後想定しながら開発することを余儀なくされることをよく承知しておこう。

 

SARS-CoV-2の体への影響は多岐にわたる

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

SARS-CoV-2は、研究者たちの丹念な調査により、複数の臓器や組織を破壊することが明らかになりつつある。
www.the-scientist.com

 

昨年の春、パンデミックの第一波が米国東海岸を襲ったとき、臨床医は主に呼吸器系の病気に苦しむ患者を目にすると予想していました。しかし、ハーバード・メディカル・スクールの外傷外科医であり、マサチューセッツ総合病院の救命救急医でもあるHaytham Kaafarani氏らは、吐き気や食欲不振から重度の腸閉塞まで、体の別の部位である消化器系の合併症を訴える患者が予想外に増えていることに気づきました。Kaafarani氏によると、消化器外科医は「現れた多くの症状」について頻繁に相談を受けていたそうです。

現在、SARS-CoV-2の感染者は1億人を超え、これまでに300万人以上の死者を出していることからも、このウイルスが肺以外の部分にも大きなダメージを与えることは明らかです。この1年半の間に、世界中の研究者が、血液、心臓、腎臓、腸、脳など、体のさまざまな部分にさまざまな症状を記録しています。いくつかの研究では、COVID患者の3分の1近くがこのような症状を経験しており、この割合は重症患者の3分の2以上に上るとKaafarani氏は言います。「1年前には分からなかったことですが、COVID-19には肺以外の症状があることは確かです」。

COVID-19が体内のどこにダメージの痕跡を残すのかが明らかになっただけでなく、患者の評価、死後の調査、ヒトの細胞や組織を使った実験から、これらの合併症の多くが生じるメカニズムのヒントが得られた。シングルセルシーケンス解析により、SARS-CoV-2が細胞に侵入する際に利用するACE2やTMPRSS2と呼ばれる細胞表面の受容体が広く存在することが明らかになった。また、PCR法により、さまざまな組織にウイルスRNAが存在することが明らかになっており、SARS-CoV-2が呼吸器系以外の細胞に感染する可能性を示唆しているが、そのような感染の直接的な証拠はまだ限られている。また、SARS-CoV-2の感染によって引き起こされる免疫反応の暴走や血液の凝固が、全身に見られる合併症の原因になっている可能性もある。(図参照)。) 

アイオワ大学の微生物・免疫学者であるStanley Perlman氏は、「我々は物語の一部を理解した」と言う。「前進していますが、疑問点は常にあり、特に(COVID-19)については、少なくとも(今のところ)消滅していません」と述べています。

f:id:KennyHeadway:20210917125235p:plain

参照:

血栓の危機 

大小の血栓は、COVID-19の最も一般的な合併症の1つです。パンデミックの初期に、中国、フランス、イタリアなどでICUに収容された患者からの報告によると、肺や脚の太い血管が詰まっているのを医師が確認したという。ある研究では、重症患者の半数近くがこのような血栓を持っていたと言われています。その後の研究では、COVID-19患者の多くが、肺の細動脈や毛細血管、さらには心臓、腎臓、脳、肝臓などの他の臓器の血管にも血栓を持っていることが明らかになった。また、COVID-19の重症患者では、血栓の存在を知らせるタンパク質の断片であるDダイマーが高濃度で検出されました。

なぜ血栓が発生するのかは不明です。マサチューセッツ総合病院の血液学者で、ハーバード・メディカル・スクールの助教授であるHanny Al-Samkari氏は、患者のサンプルを用いて、ウイルスがACE2を介して血管内皮細胞や血小板に直接感染し、それらが集合して血栓を形成するのではないかといういくつかの証拠を突き止めました。"おそらく、この種の病気のほとんどが、両方の要素を併せ持っているのでしょう。"   

Al-Samkari氏はまた、SARS-CoV-2感染症の大きな特徴は血管系の損傷であり、内皮症と呼ばれる結果としての血管の機能障害は、ウイルスの直接的な影響や炎症によるものであるかどうかにかかわらず、血液凝固を引き起こす可能性があることを指摘している。COVID-19に罹患した様々な臓器を調べたところ、内皮症がこの病気の重要な症状であるという考えが裏付けられました。例えば心臓では、SARS-CoV-2感染の主な特徴として、血管の炎症(血管炎)に加えて、内皮細胞の損傷と機能不全が挙げられると、エール大学の心臓専門医である Erica Spatzは言う。

COVID-19の患者数が増加して血液凝固の問題が顕在化したため、研究者たちは、治療法としての血液凝固阻止剤の使用を評価するための臨床試験を開始した。国際共同研究では、REMAP-CAP、ACTIV-4、ATTACCの3つの臨床試験が開始された。中間結果は、世界中の300の病院で1,000人以上の患者から得られたデータを含み、まだ査読されていませんが、重症のCOVID-19患者では、血液希釈剤によって大出血の確率が高くなり、転帰が悪くなる可能性が指摘されています。一方、入院してもICUに収容されていない中等症の患者では、合併症が減少しました。これは、COVID-19の軽症患者では、血栓の形成を防ぐことで重症化を防ぐことができるが、患者の血管がすでに損傷を受けて血栓で満たされ、血液希釈剤が危険なレベルの出血を引き起こす可能性が高くなる閾値があることを示唆している。

「現在進行中の研究に参加しているAl-Samkari氏は、「この結果には誰もが驚いたと思います。「出血と血液凝固はそれぞれ異なるものだと考えられていますが、実際には違います。. . . 出血のリスクと凝固のリスクが同時に高まることもあるのです」。

Al-Samkari氏は、COVID-19の症状が軽い場合には、血液希釈剤が病気の悪化を抑えることができるという観察結果から、「COVID-19が人々を病気にする方法の重要な要素は、おそらく血液凝固に関係している」と付け加えています。

 

腎臓への影響 

COVID-19が他の臓器に及ぼす影響の多くがそうであったように、パンデミックの初期にはこの病気と腎臓の機能との関連性が注目されました。世界中のICUが患者で一杯になり始めた頃、各国からの報告によると、慢性腎臓病の患者や、透析や腎臓移植が必要な患者は、COVID-19によって重症化したり死亡したりするリスクが高いことがすぐに判明しました。

また、臨床医は、腎臓病の既往歴がない人でも、急性腎障害が重症COVID-19の主要な合併症として現れることを確認しました。初期の観察研究では、入院中のCOVID-19患者の最大3分の2が腎臓関連の合併症を発症したと報告されている。ほとんどの問題は軽度から中等度のもので、血尿や高濃度の蛋白質は腎臓の障害を示すものでした。しかし、中にはより重篤な腎障害が発生し、人工透析が必要になったり、死に至るケースもありました。

COVID-19の腎臓への影響のメカニズムは、まだ解明されていない。剖検の結果、血液凝固や炎症の兆候が見られたほか、尿細管(体内の余分な水分や塩分などの老廃物を排出する腎臓の構造体)にウイルスのRNAが付着していることが判明した。また、尿中にSARS-CoV-2スパイクタンパクが検出されたとの報告もあり、ウイルスが尿路の細胞に直接感染している可能性が指摘されています。スウェーデンのリンシェーピン大学およびカロリンスカ研究所の腎臓内科医であるアネット・ブルッフフェルド教授によると、このような証拠はまだ予備的なものであり、ウイルスの直接的および間接的な影響に加えて、遺伝などの素因が関与している可能性が高いとのことです。

COVID-19による腎臓の合併症が慢性疾患につながるかどうかはまだ不明です。「Bruchfeld氏は、「COVIDに関連した急性腎障害は本当に悪いものであり、死亡率を高めるものだと言ってよいと思います。「しかし、生存していても慢性透析患者になるとは限りません。長期的な影響についてはまだ分かっていません。

消化器系の合併症 

臨床医は、COVID-19が胃腸にダメージを与える可能性があるという最初の兆候を、パンデミックの最初の数ヶ月間に観察しました。中国を中心とした4,000人以上の患者から得られたデータを含む初期のメタ分析によると、食欲不振、下痢、吐き気などの胃腸症状の全体的な有病率は約17%で、重症のCOVID-19患者では胃腸障害がより多く見られるようであった。

昨年の春、マス・ジェネラル大学のKaafarani教授らは、COVID-19患者にこのような合併症が急増していることに初めて気付き、この傾向がウイルス性疾患に特有のものなのか、それとも重症患者の一般的な反応なのかを評価するための調査を開始した。そこで、2020年3月と5月にICUに入院した患者の腸の問題の有病率を、COVID-19患者に見られる呼吸不全のタイプである急性呼吸窮迫症候群(ARDS)で入院した患者と、パンデミック前に比較しました。その結果、COVID-19の重症患者における消化器系合併症の有病率は74%で、ARDSを発症していても感染症を発症していないグループで見られた37%の有病率の約2倍に達していました。研究者たちは、腸閉塞やイレウス(腸の運動障害)などの症状を記録しました。腸閉塞やイレウスなどの症状が記録されており、「COVID-19に特異的な症状が消化管に現れているのではないかと考えられるようになりました」とKaafarani氏は語る。

ウイルスがどのように消化管に影響を及ぼすかは未解決の問題だが、いくつかの証拠から、少なくとも部分的にはウイルスの直接的な影響によるものではないかと考えられる。例えば、COVID-19患者の消化管の細胞には、しばしばACE2受容体が高濃度に存在している。さらに、科学者たちは、患者の便やGI組織のサンプルからSARS-CoV-2のRNAを検出している。SARS-CoV-2が消化管で複製されるかどうかはまだ確認されていない。これらのウイルス粒子は、単に摂取したウイルスの断片である可能性も考えられる。しかし、Kaafarani氏によると、腸内ではウイルスのメッセンジャーRNAの断片(タンパク質を作るための命令を含む遺伝子配列の文字列)も検出されており、ウイルスが実際に増殖していることが確認されているという。

また、COVID-19患者の腸管組織の予備検査では、特に腸の下にある小血管に血液凝固の兆候が見られ、腸管動脈への血液の流れを妨げていることがわかった、とKaafarani氏は言う。COVID-19が消化管に作用する理由としては、血液凝固作用とウイルスの直接的な作用の両方が考えられるという。「今後数年のうちに、どちらが何を引き起こすかを正確に解明できると思います」。

 

多臓器疾患

COVID-19の影響は身体の他の部位でも確認されている。例えば、心臓ではウイルスによる心臓の損傷や不全、脳では脳卒中、発作、感覚障害などが確認されている。また、COVID-19の患者では、目、耳、膵臓などの臓器にも障害があることが確認されています。

COVID-19の脳への影響」参照(英文オリジナル)

血管、腎臓、消化管と同様に、これらの症状が、ウイルスがこれらの臓器の細胞に感染することによって直接生じるのか、あるいは炎症や血液凝固などの間接的な影響が原因であるのかは、まだ分かっていません。一般的に、肺以外の体のほとんどの部位にウイルスが直接感染しているという証拠は限られているとパールマンは言う。したがって、COVID-19感染者に生じる障害の多くは、"ウイルス自体が何をしているかというよりも、感染に起因している "と考えられる。

スパッツは、このようなさまざまな病態の研究が進めば、COVID-19の広範な症状(感染の急性期と、いまだに謎の多い長期のCOVIDの両方)に対する治療法の発見につながるだろうと述べている。Al-Samkari氏によると、今回の研究結果を受けて専門家のガイドラインが変更された血液希釈剤のように、これらの知見の中には、すでにより適切な治療法につながっているものもあるという。しかし、スパッツは、特に長期的な影響については、多くの未解決の問題があると言います。「私たちが現在抱えている不満な点は、私たちが学んでいることが、長期的に患者さんを支援する能力にまだ十分な影響を与えていないことです。. . . 分かっていないことがたくさんあるのです。" 

"Long COVIDのメカニズムは不明だが、データは次々と入ってくる "参照(英文オリジナル)

 

 

デルタ変異株の5つのポイント

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

www.yalemedicine.org

 

1. Deltaは他のウイルス株よりも感染力が強い。

イェール大学医学部の疫学者であるF.ペリー・ウィルソン医学博士は、デルタの特徴の1つとして、感染の速さを挙げています。CDCの推計によると、夏の終わり頃、米国で新たに発生したCOVID-19の症例の99%以上がデルタに起因していました。

CDCは、イギリスで最初に出現したアルファ株、南アフリカで最初に出現したベータ株、ブラジルで確認されたガンマ株と同様に、デルタ株を「懸念すべき変種」としています。(これは、イギリスで最初に発生したアルファ株、南アフリカで最初に発生したベータ株、ブラジルで確認されたガンマ株と同様の呼称です(この新しい呼称は、世界保健機関(WHO)が数字による呼称に代わるものとして定めたものです)。

ウィルソン博士は、6月に米国で発生したデルタの感染拡大について、「成長率がどのように変化するかは、実際には非常に劇的なことです」と述べています。デルタは、SARS-CoV-2のオリジナル株よりも感染力が50%高いアルファよりも、50%の速さで拡散していたという。「ウィルソン博士は、「予防接種やマスクを着用していない完全に無防備な環境では、オリジナルのコロナウイルスに感染した人は平均して2.5人に感染すると推定されます。「同じ環境であれば、デルタウイルスは1人の人から3.5人か4人の人に感染するでしょう。

"計算上、指数関数的に、より早く成長するのです。"だから、かなり控えめに見える感染率でも、あっという間にウイルスを支配してしまうのです。" 

 

2. ワクチンを受けていない人にもリスクがある。

米国では、アラバマ州アーカンソー州ジョージア州ミシシッピ州ミズーリ州ウェストバージニア州などの南部およびアパラチア地方で、ワクチン接種率が低いため、ワクチン未接種者が不均衡に多くなっています。(これらの州の中には、感染者数が減少しているために規制を解除している州があるにもかかわらず、感染者数が増加しているところもあります)。)

また、子供、10代、若い世代も心配です。「イギリスで行われた最近の研究では、50歳以下の子供と大人は、デルタに感染する確率が2.5倍高いことが示されました」とYildirim医師は言います。今のところ、米国では5歳から12歳までの子供に対するワクチンは承認されておらず、7月末時点で米国のティーンエイジャーの50%未満がワクチンを接種しています。

Yildirim博士は、「高年齢層がワクチンを接種すればするほど、若くてワクチンを接種していない人は、どのような変異型であってもCOVID-19に感染するリスクが高くなります」と述べています。 「しかし、デルタは以前の変異型よりも若い年齢層に影響を与えているようです」。

 

3. デルタは「超局地的な大流行」を招く可能性がある。

もし、デルタがパンデミックを加速させるほどのスピードで進み続けるとしたら、ウィルソン博士は、最大の問題は伝達性の高さにあると言います。その答えは、あなたがどこに住んでいるか、そしてあなたの住んでいる場所でどれだけの人がワクチンを接種しているかによって変わってくると彼は言います。「私はこれを『パッチワーク接種』と呼んでいますが、ワクチン接種率の高い地域と、ワクチン接種率が20%の地域が隣接しているのです。「問題は、ワクチン接種率の低い地域から別の地域へとウイルスが飛び移ってしまうことです」。

場合によっては、ワクチン接種率の高い地域に囲まれたワクチン接種率の低い町が、ウイルスをその境界線内に封じ込めてしまい、その結果、「超局地的な大流行」が起こる可能性があるとウィルソン博士は言います。「そうなると、パンデミックの様相は、これまで見てきたような、国中にホットスポットが存在するような状況とは異なるものになるかもしれません」。

専門家の中には、米国はワクチン接種率が比較的高いので有利だと言う人もいますし、デルタ航空を制覇するには、ワクチン接種率と変異体との競争になると言う人もいます。しかし、もしデルタが急速に進行するならば、米国内で感染が拡大してCOVID-19の上昇曲線が急になる可能性があるとウィルソン博士は言う。 

つまり、3〜4年のパンデミックが発生し、十分な数の人々がワクチンを接種した後に終息するのではなく、患者数の増加がより短期間に圧縮されることになるのです。「良いことのように聞こえますが、そうではありません」とウィルソン博士。「しかし、そうではありません。特定の地域で一度に多くの人が感染すると、地域の医療システムが圧迫され、より多くの人が死亡することになるとウィルソン博士は言います。アメリカではその可能性は低いかもしれませんが、世界の他の地域ではそうなるでしょう」と彼は付け加えています。「これは私たちが心配しなければならないことなのです」。

 

4. デルタについては、まだ解明されていないことがあります。

一つの重要な問題は、デルタ株がオリジナルのウイルスよりも病気になるかどうかということです。CDCが引用したスコットランドの研究では、デルタ型はアルファ型の約2倍の確率で、ワクチンを接種していない人が入院するという結果が出ていましたが、デルタ型の重症度についての初期の情報はありません。

もう一つの疑問は、デルタが体にどのような影響を与えるかに焦点を当てています。Yildirim博士によると、コロナウイルスの原型とは異なる症状が報告されているとのことです。「咳や嗅覚障害はあまり見られないようです。そして、頭痛、喉の痛み、鼻水、発熱は、90%以上がDelta株によるものである英国での最新の調査に基づいて存在しています」と述べています。

専門家の間では、デルタ型とブレイクスルー型の症例についての情報が出始めています。Public Health Englandの分析(査読未了のプレプリント)では、少なくとも2つのワクチンがDeltaに有効であることが示されました。Pfizer-BioNTech社のワクチンは、デルタによる症状のある病気に対して88%、入院に対して96%の効果があり、Oxford-AstraZeneca社(mRNAワクチンではなく、米国ではまだ販売されていない)は、症状のある病気に対して60%、入院に対して93%の効果がありました。この研究では、推奨される両方の用量のワクチンを完全に接種した参加者を追跡しました。

また、Moderna社は、同社のワクチンがDeltaおよび他のいくつかの変異に対して有効であることを示した研究(査読未了)を報告しています(研究者らは、元のウイルスに対する有効性と比較して、Deltaに対する「中和力価のわずかな低下」のみを指摘しています)。

「つまり、ワクチンを接種していない人よりもリスクは大幅に低く、ワクチンを接種する前よりも安全だということです」とイルディリム博士は言います。

しかし、8月にバイデン政権は、FDAの許可が出るまでは、mRNAワクチンを完全に接種したすべてのアメリカ人にブースターショットを提供すると発表しました。この勧告の根拠となったのは、デルタ航空の感染拡大と、CDCが最近行った3つの研究で、ワクチンによる感染予防効果が薄れてきていることを示唆したことである。そのうちの1つであるニューヨーク州のデータでは、ワクチンによる感染予防効果が91.7%から79.8%に低下したものの、ワクチンによる入院予防効果は継続していました。しかし、一部の医療関係者は、ブースターショットが必要かどうかをまだ議論しています。

今年の夏の初め、ジョンソン・エンド・ジョンソン社は、同社のワクチンはデルタに有効であると報告しましたが、別の研究では同社のワクチンはバリアントに対して効果が低い可能性が示唆されており、J&J社の受信者もブースターが必要ではないかという議論が起こりました。8月、J&Jは、6ヶ月後にブースターを接種することで、初回接種から28日後と比較して、ボランティアのスパイク結合抗体が迅速かつ強固に9倍増加したという新しいデータを発表しました。このデータはまだ査読を受けておらず、科学雑誌にも掲載されていません。

デルタについては、デルタの亜種であるデルタプラスを含め、さらに疑問や懸念があります。「デルタ・プラスには、デルタの亜種が持つものに加えて、さらに1つの変異があります」とYildirim博士は言います。K417Nと呼ばれるこの変異は、ウイルスが細胞に感染するために必要なスパイクタンパク質に影響を与え、これがmRNAや他のワクチンの主な標的となると言います。

"デルタプラス "はインドで最初に報告されましたが、このタイプの変異は、それ以前に出現した "ベータ "などの亜種でも報告されていました。この新しい変異体の実際の広がりの割合や、疾患の負担や転帰への影響を明らかにするには、さらなるデータが必要です」とYildirim博士は付け加えています。

 

5. ワクチン接種はデルタに対する最大の防御策

デルタウイルスから身を守るために最も重要なことは、ワクチンを完全に接種することだと医師たちは言います。現時点では、例えばPfizerやModernaのような2回接種のワクチンを接種する場合、両方の注射を受けて、その注射が完全に効果を発揮するまで推奨される2週間の期間を待たなければならないということです。

ワクチンの効果が高いとはいえ、100%の保護が得られるわけではありませんので、より多くの人がワクチンを接種すれば、ブレイクスルーケースが増える可能性があることを覚えておく必要があります、とCDCは述べています。ブレイクスルー症例の入院があったとはいえ、すべてのワクチンは重症化、入院、死亡に対する最善の防御となるとCDCは述べています。

完全にワクチンを接種した人は他の人に感染させることができますが、CDCはワクチンを接種した人の方がウイルスの遺伝物質の量が早く減る可能性があると報告しています。つまり、ワクチンを接種していない人と同じ量のウイルスを鼻や喉に保有することがわかっていますが、研究ではワクチンを接種していない人よりもウイルスを拡散する時間が短いこともわかっています。

ワクチンを接種しているかどうかにかかわらず、ワクチンを接種している人もしていない人も利用できるCDCの予防ガイドラインに従うことも重要です。米国では、より多くの人にワクチンを接種するための努力が続けられていますが、CDCは「層状予防戦略」を推奨しています。これには、ワクチン接種の有無にかかわらず、実質的に感染者が多い、または感染率の高い地域の公共の屋内環境ではフェイスマスクを着用することが含まれます。また、幼稚園から高校までのすべての教師、スタッフ、生徒、訪問者に屋内でのマスク着用を推奨しています。

「人生のあらゆることがそうであるように、これは継続的なリスク評価なのです」とYildirim博士は言います。「晴れていて屋外にいる場合は、日焼け止めを塗ります。晴れていて屋外にいる場合は日焼け止めを塗り、人混みの中にいてワクチンを打っていない人がいる可能性がある場合はマスクをして社会的な距離を保ちます。ワクチンを接種していない人でワクチンの対象となる人は、ワクチンを接種することが一番です。"

もちろん、個人的な事情や困難が障害となって、ワクチンを受けていない人もたくさんいますし、受けないことを選択した人もいるでしょう。果たして、デルタ・バリアントは、接種可能な人たちにワクチン接種を促すのに十分な効果があるのでしょうか?確実なことは誰にもわかりませんが、可能性はあります」とウィルソン博士は言い、ワクチン接種について疑問がある人は、かかりつけの医師に相談することを勧めています。

ウィルソン博士は、「地域的な流行があると、ワクチン接種率が上がります」と言います。とウィルソン博士は言います。「私たちは、あなたの知り合いが本当に病気になって病院に行った場合、あなたのリスク計算が少し変わることを知っています。このようなことがもっと起こるようになるかもしれません。ワクチン接種率が上がることを期待しています」。

Science Museum Groupより COVID-19 デルタ変異株の発生

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

www.sciencemuseumgroup.org.uk

 

かつてCOVID-19の抑制に成功したと思われていた英国のようなワクチン接種率の高い国では、デルタ型の感染が急増しています。サイエンス・ディレクターのRoger Highfieldは、ケンブリッジ大学のRavindra "Ravi" Gupta教授に、なぜデルタがこれまでに確認された中で最も懸念されている変異株なのかについて話を聞きました。

COVID-19ワクチンは、重篤な病気や死亡を防ぐのに非常に有効です。

しかし、100%の効果があるわけではなく、完全にワクチンを接種した人でも、感染して病気になり、病気を遷してしまう人もいます。また、長期的な問題を発症することもありますが、ワクチンによって長期COVIDのリスクは11%から5%に削減されます

デルタをはじめとするSARS-CoV-2ウイルスの遺伝子変異は、ワクチン接種によって高められた免疫防御機能をすり抜けることができるため、"エスケープミュータント "と呼ばれている。

デルタについては、ケンブリッジ大学ケンブリッジ治療免疫学・感染症研究所の臨床微生物学教授であるRavindra "Ravi" Gupta教授と議論した。斜体(当ブログでは斜体の代わりに青文字)で示したのは、同教授の編集による回答です。

 

デルタウイルスはどのように広がっているのですか?

私たちがウイルスの遺伝子配列を研究しているすべての地域で、デルタ型が主流になっています。ただし、南米ではラムダ型がかなりの割合を占めています。COVID-19のデータを共有しているGISAIDを使って、その広がりを見ることができます。

しかし、このようなウイルスに関する遺伝子データの収集が遅れているため、今起きていることを解釈するのは難しい。また、世界的な視野を得るという点ではサーベイランスの代表性が非常に低く、英国、デンマーク、米国での作業が多いため、地理的に偏っているのです。 

COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2を含め、すべてのウイルスは突然変異し、時間とともに変化します。ほとんどの変化は、ウイルスの特性にほとんど影響を与えません。有害な変化もあれば、広がりやすさや病気の重症度、ワクチンや治療薬、診断テストなどの性能に影響を与えるものもある。

SARS-CoV-2には膨大な数の変異株が存在するが、2020年後半、世界の公衆衛生へのリスクを高める変異株が出現したため、Eta、Iota、Kappa、Lambdaなどの「VOI:関心のある変異株」と、Alpha、Beta、Gamma、そしてもちろんDeltaなどのより心配な「VOC:懸念のある変異株」が検索されたのである。

アルファは英国で、ベータは南アフリカで、ガンマはブラジルで発見されました。B.1.617.2とも呼ばれるデルタは、2020年後半にインドのマハラシュトラ州で発見されたウイルスの系統に属しており、より効率的に、より早く人の間を通過するようになったため、英国で急速に定着しています。(亜種の新しい命名規則は、不可解な数値名や、罪のない地域を悪者にすることを避けるために、世界保健機関(WHO)によって制定されました)

デルタ型は現在、全大陸の高所得国および低所得国で最も多く見られるSARS-CoV-2の系統であり、イギリスでは現在、新規感染者の99%以上を占めている。

Deltaは、2020年後半に英国で確認されたアルファ変異株と比較して、伝達性が少なくとも40%高い。人々が無防備な状態で、従来株(武漢株)に感染した平均的な人が他の2.5人に感染するのに対し、デルタ株は1人の人から4人の人に感染すると考えられる

英国公衆衛生局(Public Health England)とケンブリッジ大学MRC生物統計学ユニット(MRC Biostatistics Unit)の研究者らが4万人を対象に調査したところ、デルタ型と診断された人の入院リスクは2倍になることがわかりました(年齢、性別、民族、貧困、居住地域、陽性反応が出た日、ワクチン接種の有無などの違いを調整した後)。

また、入院または救急搬送のリスクに焦点を当てると、デルタ型はアルファ型の1.45倍でした。

 

あなたはデルタに関する初期の研究をっていましたが、そのことについて教えてください。

現在、Natureに掲載されている6月の画期的な感染症に関するプレプリントでは、世界で初めてワクチンによる画期的な感染症のデータを掲載しました。このデータは、デルタが出現したインドで、医療従事者にワクチンを接種した際に記録されたものです。中和抗体と呼ばれる医療従事者の防御抗体からの逃避の度合いを数値化したのですが、デルタの感染力と免疫逃避力が高まっていることがわかりました。

これらは、ワクチンのブレークスルーに関する最初のデータの一つです。この結果を受けて、米国疾病管理センターはマスク着用の指針を変更しました。ワクチンを接種していても、感染すればウイルスを媒介する可能性があるため、マスクの着用を開始する必要があるというのです。 

私たちは、in vitro(実験室)でウイルスを培養し、ヒトの組織や肺や気道を模したオルガノイドシステム(ミニ臓器)の中でウイルスがどのように複製されるかを徹底的に調べました。そして、ワクチンを接種した人の抗体が、そのウイルスが細胞に感染するのをどれだけ阻止できるかを検証しました。

動物モデルを研究することもできますが、これらの実験は行うのも解釈するのも厄介です(マウスやハムスターに入った瞬間にすべてが変わってしまいます)。そこで私たちは、ヒトの細胞をベースにした3種類のモデルシステムを使用しました。

そのうちの1つは、肺がんの細胞株であるCalu-3というヒトの細胞株です。これは、ケンブリッジ大学の同僚が開発した幹細胞をマトリックスゲルに埋め込み、細胞の塊であるオルガノイドに成長させたものです。3つ目はヒトの気道上皮細胞で、これは空気と湿った組織の境界にある細胞の層で、気道で起こっていることを模倣しています。3つのシステムすべてにおいて、デルタは非常に非常に「熱く」、より多くのウイルス粒子を作っていました。

また、ワクチンを接種した医療従事者の感染を画期的に改善することができました。デルタ型は、アルファ型、ベータ型などの古い型よりも優先的に感染しやすいので、ワクチンを接種した人には有利になります。

デルタウイルスは、ワクチンを接種した人の中で進化したわけではありませんが、伝達性がはるかに高く、感染したヒトの細胞ごとに多くのウイルスを作り、自分自身のコピーも多く作るので、ワクチンを接種した人に適応しているように思えてなりません。感染した細胞から出現するウイルスは、より成熟しています(スパイクタンパク質の点で、ウイルス粒子あたりの感染力がより高くなる状態になっています)。これが、デルタの問題点を端的に表しています。

問題となっている変異体は、どのようにして生まれるのですか?

これらの亜種は、COVID-19に数週間から数ヶ月間感染している慢性疾患患者で発生すると考えています。多くの人は免疫抑制状態にあるため、ウイルスを完全に除去することができず、ウイルスは基本的に人間の免疫システムに適応することを学習します。今年の初め、『ネイチャー』誌に、この現象が一人の人間にどのように起こっているかを示す青写真が掲載されました。1人の患者を101日間という長期間にわたって追跡調査したところ、多くの突然変異が見られました。そのうちのいくつかは、その後、アルファ線の中で循環していることが確認されました。

また、これらの変異が何をしているのかを示すために、人工的にウイルスを作ってみたところ、免疫逃避変異や感染力増強変異が見つかりました。このような変異が他の変異株にも見られるという事実は、基本的に、私にとっては「こういうことが起こるんだ」という証明になりました。20個の奇妙な突然変異がどこからともなく現れるとは考えられませんから、ウイルスの進化は個人の中で起こっているはずです。

デルタは、ワクチンを回避するためにさらに進化する可能性がありますか?

はい、それが心配です。デルタは、時間の経過とともに免疫システムからどんどん逃れていくウイルスの出発点になる可能性があります。

また、ワクチンを接種していても感染すると、ワクチンを接種していない人と同じウイルス量になるというデータも出ています。感染後の数日間は、ワクチンを接種していればウイルス量はより早く減少します。これは、免疫システムが最終的に作動してウイルス量をコントロールするためで、感染期間はそれほど長くありません。

しかし、ウイルスはこれを逆手に取り、ワクチンを接種した人でもウイルス量を高く維持できるような変異を選択する可能性があると想像できます。そのためには、免疫反応の別の部分を活性化するT細胞受容体から逃れるか、さらなる変異が必要になるでしょう。

もし、ウイルスが急速に拡散し、変異し続けるならば、そのような逃避的な変異体はすぐ近くにあるかもしれません。

症状を引き起こす感染症に対するワクチンの防御力は、すでにファイザー社のmRNAワクチンとオックスフォード・アストラゼネカ社のデルタについては、ファイザー社で84%、アストラゼネカ社で71%と低下していることが確認されており、これらの躍進は、鼻や喉のウイルス量が多いことと関連しており、他の人にウイルスを拡散する可能性が高いことを示唆している。英国内で無作為に選ばれた30万人以上の人々を定期的に検査している国家統計局のCOVID-19感染調査のデータを用いて、アルファ型が優勢だった春とデルタ型が優勢だった夏にSARS-CoV-2の陽性反応が出た、ワクチン接種を受けた人と受けていない人の数を比較した最近の研究では、この影響が明らかになったという

ワクチンを接種した人は、デルタ型に対する免疫がより早く失われるのではないかという懸念がありますか?

そうですね。そもそもワクチンの効果が低いので、デルタに対する防御力の低下や、重篤な病気や感染症に対する防御力の低下が早くなるのではないでしょうか。

一例として、カリフォルニア大学サンディエゴ校のヘルス・ワークフォースの研究では、症状のある病気に対するRNAワクチンの効果は、デルタ変異株に対してかなり低く、接種後時間が経つと衰える可能性があると報告されていますカタールでも低下が見られましたが、「2回目の接種後、少なくとも6ヶ月間は入院や死亡に対して強固なレベルで保護される」としています。

デルタは他のCOVIDの亜種とどう違うのですか?

デルタのスパイクにはいくつかの変異がありますが、その多くは、NTD(N terminal domain)と呼ばれるタンパク質の比較的よくわかっていない部分にあります。

また、RBD(受容体結合ドメイン)にも変異がありますが、それぞれの変異の正確な寄与はまだ完全には解明されていません。

全体的な影響としては、感染力が強化され、ワクチンや古いタイプのウイルスに感染した後に作られる抗体に対する感度が低下すると考えられます。 重要な変異はP681Rであると思われる。

デルタウイルスは、タンパク質に包まれた遺伝情報の塊で、人間の細胞を略奪して繁殖します。ウイルスの遺伝コードに突然変異が起こると、タンパク質を構成するブロック(アミノ酸)に変化が起こります。

デルタウイルスの場合は、スパイクタンパク質の1つのアミノ酸に変異が生じています。スパイクタンパク質とは、その名の通り、ヒトの細胞を認識して侵入する役割を果たすスパイクを構成するタンパク質です。COG-UKグループは、懸念される変異体をモニターしており、スパイクタンパク質の変異の影響を可視化しています(このウェブページの最後までスクロールしてください)。

P681Rと呼ばれるデルタ型の変異は、スパイクの中でも「フリン切断部位」と呼ばれる領域に位置しており、これまでインフルエンザなどの他のウイルスでは、この変異が感染力の増強に関連していました。

P681Rの変化は、昔ながらの銃のコッキング(脚注:スライドまたはレバーを手で引いてピストンを後退させ弾丸を一発ずつ発射する方式)のように、デルタウイルスを「事前に活性化」し、感染力を高める。

SARS-CoV-2のスパイクタンパク質が細胞に侵入するためには、体内に存在するヒトのタンパク質によって2回切断される必要がある。しかし、SARS-CoV-2の場合は、フリン切断部位が存在するため、感染細胞からできたてのウイルス粒子が出てくると同時に、宿主の酵素が最初の切断を行うことができる。つまり、デルタが事前に活性化されることで、ウイルス粒子がより効率的に細胞に感染するようになるのである。

インペリアル・カレッジ・ロンドンのウェンディ・バークレイらが5月に発表した研究によると、デルタ型の粒子はアルファ型の粒子に比べてスパイクタンパク質がより効率的に切断されることがわかっています。

他にも影響があるかもしれません。 P681Rの変化を持つスパイクタンパク質は、変化のないものに比べて約3倍の速さで、感染していない細胞と融合する(感染の重要なステップ)。

しかし、P681Rの変化は、感染していない菌株にも見られ、また、Delta型の変異には、違いをもたらす他の変異があるという。

 

デルタに関するこのような洞察は、医薬品の開発に役立ちますか?

はい、治療薬の開発に役立ちます。カモスタットは、この成熟したウイルスの形態を阻害することができるので、有効な薬剤の1つとなるでしょう。細胞レベルでは、酵素(膜貫通型プロテアーゼ・セリン2、TMPRSS2)がヒトコロナウイルスのスパイクタンパク質を初期化し、細胞への侵入と感染を促進します。カモスタットメシル酸塩はTMPRSS2の阻害剤であり、実験室での研究でSARS-CoV-2に対して強力な抗ウイルス剤であることが示されている。ですから、そのプロセスを標的とした治療薬を設計することができます。しかし、まだその段階には至っていませんし、使用上の安全性も不明です。これらの受容体の中には、体内で他の用途に使用されているものもありますので、ウイルスやヒトのタンパク質を標的にすると、意図しない結果になる可能性があります。ウィルスのタンパク質をターゲットにした方が、問題を起こす可能性が低いからです。 

デルタは顕微鏡で見ても同じように見えますか?

モノクローナル抗体やその他の抗ウイルス剤の主要な結合部位である、ウイルスのN末端ドメインに違いがあることを電子顕微鏡で確認したデルタに関する論文が発表されています。しかし、効果はあるようです。私たちは、これらの変異のいくつかを元に戻す実験を行いましたが、それによってウイルスの表現型(行動など)が変わりました。

デルタが進化してワクチンを出し抜く可能性は予測できるのでしょうか?

予測することはできません。どのような突然変異が逃れることができるかを実験で検証し、経験的に判断する必要があります。しかし、問題は、もちろんリスクを伴うことであり、実験でより多くの脱出変異体を選択することは、実際には想定されていないのです。例えば、ウイルスが実験室から逃げ出すようなことがあってはいけません。 

成功するワクチンとはどのようなものか、考え直さなければなりませんか?

私たちは、防御の相関関係が何であるかを再考する必要があるかもしれません。(ワクチン開発者や規制当局は、コロナウイルスの感染を防ぐのに十分な抗体のレベルなど、「保護の相関関係」を求めています)。) 中和が損なわれ、抗体の中和は感染の相関性や感染からの保護と非常に高い相関性があることが示されているため、デルタは再考のきっかけとなるでしょう。

我々は、デルタがワクチンから逃れることができる理由として、感染性の側面が非常に重要であると考えていますし、データもそれを示していると思います。ウイルスの感染力が非常に強く、量も多いため、たとえ鼻の周りに抗体があったとしても、ウイルスが侵入して感染症を引き起こすのを防ぐには十分ではないのです。

今年の夏に見られたデルタ値の急激な上昇がなぜ収まったのか?

おそらく、学校が休みになったため、急激な上昇が抑えられたのではないかと思います。しかし、巨大なピークが起こらなかった理由には、いくつもの変数があります。 

さらに、COVID-19はより複雑な病気です。というのも、ワクチン接種や感染によって非常に多くの免疫を持った人々がいるため、モデル化することができないからです。さらに、モデルでは、デルタの感染性やウイルス量に関する新しい研究は一切考慮されていませんし、もちろん人間の動きも複雑です。

感染者数が急増して以来、COVIDの感染者数と入院者数は増加の一途をたどっています

さらに詳しい情報を知りたいのですが?

パンデミックがどこまで拡大しているかについての最新情報は、ジョンズ・ホプキンス・コロナウイルス・リソースセンターロバート・コッホ研究所で見ることができます。

英国のCOVID-19実験室で確認された患者数と死亡者数は、国家統計局の数字と合わせて確認できます。

さらに詳しい情報は、私が以前に投稿したブログ記事(focusTerra、ETHチューリッヒによるドイツ語の記事、スイスに関する追加情報を含む)、英国研究・イノベーション機関(UKRI)EU米国疾病対策センターWHOCOVID-19ポータルOur World in Dataに掲載されています。

 

ロジャー・ハイフィールド
ロジャー・ハイフィールドは、科学博物館グループのサイエンス・ディレクター、英国医学研究評議会のメンバー、オックスフォード大学ダン・スクールおよびUCL化学部の客員教授を務めています。オックスフォード大学で化学を学び、世界で初めてシャボン玉で中性子を跳ね返した人物でもあります。ロジャーは、20年間にわたりデイリー・テレグラフ紙の科学編集者を務め、2008年から2011年にかけてはニューサイエンティスト誌の編集者を務めました。これまでに8冊の人気科学書を執筆または共同執筆し、新聞や雑誌に何千もの記事を掲載してきました。

ロジャーが書いた記事は39件

CATEGORISED ニュースで学ぶ科学
TAGGED コロナウイルス