KennyHeadway's miscellaneous notes

雑記のコンテンツを集めて情報発信できるかな

オミクロン株。症状とブースター接種の効果;対デルタ株

英国健康安全保障局のレポート『英国で懸念されるSARS-CoV-2亜種と調査中の亜種
テクニカルブリーフィング34』(2022/1/14)で改めて認識した内容を書き残しておく。

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1050236/technical-briefing-34-14-january-2022.pd

全部有益な情報だけれど、デルタ株対オミクロン株の比較について。

 

オミクロン株はデルタ株と比べると風邪に近いと言われている。このレポートの図の10はデルタ株と比べてオミクロンはどのような症状が出てくるかを示している。特に違いがあるのはのどの痛みが目立つこと、それと嗅覚味覚障害はあまり認められないことである。

f:id:KennyHeadway:20220128124224p:plain

図10. オミクロンとデルタの症例で報告された特定の症状の修正オッズ比のプロット

2021年12月1日~12月28日に症状発現、2021年12月31日までにNHS Test and Traceに転送されたケース。2022年1月3日時点の変異体データ、2022年1月11日時点のコンタクトトレース・データ。

 

次は、ワクチンのブースター接種の効果。

f:id:KennyHeadway:20220128125406p:plain

図11 . デルタ(黒四角)とオミクロン(灰丸)について、投与1回目と投与2回目の後の期間別の有症状疾患に対するワクチンの有効性 (b) ファイザー社製ワクチンを2回接種し、ブースターとしてファイザー社製またはモデルナ社製を接種した者

ファイザーを2回打って、ブースターはファイザーあるいはモデルナという場合。ブースター後の効果はデルタ株程ではないが60%程度は維持しているようだ。

 

f:id:KennyHeadway:20220128140646p:plain

図11.デルタ(黒四角)とオミクロン(灰丸)について、投与1回目と投与2回目の後の期間別の有症状疾患に対するワクチンの有効性

(c)モデルナ社製ワクチンを2回接種し、ブースターとしてファイザー社製またはモデルナ社製を接種した者(ブースターについてはデータ不足)。

 

こちらはモデルナを2回打って、ブースターはファイザーあるいはモデルナという場合。ただブースター経過後の径かは最大でも4週間迄しか終えていないのでその後はわからないが概ねファイザー2階と同じ傾向にあると考えられる。

ステルスオミクロン (4)

これもまた、インドの記事であるが、亜種 BA.2系統は感染力が高そうである。PCR検査でCt値30以下をゲノム解析に回すようにしていたとのことであるが、追い付かなくなりそれをやめて海外渡航歴がある人を対象としている。日本でも普通に受けられる医療サービスが制限されてきているが、同じように今までできていたことができなくなる。限られたリソースで何ができるのか、何をやめても大丈夫なのか、そういった考え方を持った方が良いのかと考えされられた。

 

www.news18.com

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

コルカタのオミクロン感染者の80%にBA.2「ステルス」変異体が発見され、医師は集団感染を恐れている

コルカタの研究所からゲノム解読のために送られたCovid-19症例のほぼ80%からOmicron変異体の亜系譜であるBA.2が検出され、インドがコロナウイルス症例の急増の渦中にある今、都市生活者の間に不安が広がっています。

このサンプルは12月22日から28日の間にゲノム解読のために送られ、そのうちの80%近くがCT値30以下のBA.2陽性で、高いウイルス量を示していた。

ある検査機関から送られた検体では、34のCovid陽性検体がBA.2であることが判明しました。1検体はオミクロンBA.1、8検体はデルタとデルタプラスであった。別の検査機関から送られた17のCovid陽性サンプルのうち、14はオミクロンでBA.2系統に属し、残りはデルタであった。第3の研究室から送られた50のサンプルについての調査結果では、35がBA.2であった。

TOIの取材に対し、インド化学生物学研究所の免疫学者ディプヤマン・ガングリー氏は、ゲノム配列決定の結果は、コルカタと隣接地域のコミュニティで優勢に循環している亜系がBA.2であることを示している、と述べた。

"BA.2が地域の集団感染を引き起こしている可能性があります。この亜系は他の兄弟とは異なるが、遺伝的には同じ系列に属するため、病気の臨床経過に大きな違いはない」とTOIはDipyaman Gangulyの言葉を引用しています。

AMRIダクリアの微生物学シェリー・シャルマ・ガングリー氏によると、サンプルの約70%がオミクロン陽性で、そのほとんどがBA.2系であり、これは1週間前のことなので、オミクロンの存在は今までに何倍も増えていると思われるとのことである。

12月初め、政府はオミクロンの地域間感染を検出するため、CT値が30以下の陽性検体をすべてゲノム解読に回すことを決定していたが、1週間後、オミクロンの地域間感染が始まっていることが明らかになり、この決定は覆された。

現在、保健省は検査機関に対し、海外渡航歴のある検体のみを送るよう要請している。RN タゴール国際心臓科学研究所微生物学者 Swatilekha バネルジーは、BA.2 サブタイプがより一般的であるという兆候はあるが、彼らは結論を出すためにより大きなサンプル サイズを必要とすることを追加デルタに置き換えられることを確認した

BA.2株は、一般に「ステルスバージョン」と呼ばれ、ゲノム解読によってのみ検出が可能で、オミクロン変異体の亜流の1つであり、現在ではBA.1、BA.2、BA.3の3種類の亜型に分かれています。

マハラシュトラ州などではBA.1が優勢で、Delta型に代わって急速に流行していますが、BA.3はインドではまだ検出されていません。BA.2は最近海外に渡航した人から検出されていますが、BA.1では渡航歴のある人はほとんどいません。

カルヤニの国立生物医学ゲノム研究所(NIBMG)によると、12月最終週に収集されゲノム解読に回されたCovid-19サンプル10個のうち7個がこの「懸念すべき変異型」であることが判明し、2週間足らずでコルカタの人口においてOmicron変異型はDelta型を追い越したとのことです。

 

ステルスオミクロン (3)

海外の記事を検索すると、インドでステルスオミクロンが多く報道されている。オリジナルのオミクロン変異株よりも新たに28の変異が加わり感染力が増強したように伺える。

telanganatoday.com

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

テランガナ州に恐怖をもたらす「ステルス」オミクロン

ハイデラバード:テランガナ州は、最新版のオミクロン変種によるCOVID陽性感染が多数報告されているインドの上位4州のうちの1つです。インフルエンザウイルスのゲノムデータを共有するグローバルプラットフォームであるGISAIDで利用可能なゲノム配列データに基づき、2021年12月27日から2022年1月5日の間に、個人の合計90検体が、Omicron変種の新たに確認された亜系譜であるBA.2陽性となっていました。

同時期に、マハラシュトラ州では155例、ニューデリーでは129例、グジャラート州では128例のOmicron variantのBA.2亜系が確認されています。オミクロンの亜種はBA.1が主流ですが、テランガナ州ではBA.2亜種による感染者が大幅に増えていることが懸念されます。

BA.2は以前のBA.1と姉妹関係にあり、現時点ではこれら両方の系統をオミクロン変種と定義しています。この数ヶ月、ゲノム科学者はオミクロン変異株のBA.1系統を特定することができたが、BA.2を特定することはできなかった。そのため、この変異株はしばしば「ステルス変異株」と表現されるのである。

新しい亜流のBA.2は、BA.1の既存の32の変異をすべて共有し、さらに28の独自の変異を有しており、公衆衛生関係者や遺伝子研究者の間で多くの懸念を呼んでいる大きな理由である。複数の遺伝子研究者の報告によると、BA.2はインドやフィリピンでは主要なオミクロン系統であり、デンマーク、イギリス、さらにはドイツでも指数関数的に増加していることが十分に証明されている。

複数の国でBA.2が着実に増加しているのは、初期のオミクロン変異体よりもはるかに感染力が強いことを示しているのかもしれません。オミクロンのゲノム解読を注視しているこの国の上級公衆衛生職員は、研究があまり進んでいないため、初期のBA.1と比較してBA.2の性質についてはほとんど分かっていないと指摘している。

このオミクロンの亜型の感染者が急増したため、英国はBA.2を調査中の亜型と宣言しています。インド以外にも、デンマークスウェーデン、フィリピン、フランス、ノルウェーシンガポールでこの新しい亜型が見つかっています。

「BA.2系統はインドではかなりの割合を占めており、スパイク蛋白質遺伝子脱落に基づくスクリーニングは高い偽陰性を示す可能性があります。すべてのOmicron系統に適用可能なPCRベースのスクリーニングに適した検査法の使用が承認されている。インドSARS-CoV-2、ゲノムコンソーシアム(INSACOG)は、「これまでのところ、ほとんどのオミクロン症例は無症状か軽度であるが、現在の波では入院やICU症例が増加している」と述べている。

 

ステルスオミクロン (2)

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

「ステルス・オミクロン」対「オミクロン」:最新のバリエーションとオリジナルとの違いについて分かっていること

fortune.com

いわゆる「ステルス・オミクロン」変異型の患者数はまだ少ないが、保健専門家は国内で新型が出現していることを監視している。ワシントンのKOMOニュースの報道によると、科学者がBA.2亜種と名付けたものが米国で確認された症例は、今のところ100件未満だそうです。この菌株は、ワシントン州テキサス州などで確認されています。

しかし、ヨーロッパやアジアの一部では、この新型の感染者がここ数週間で増えてきています。1日のCOVID患者数が約4万人のデンマークでは、「ステルス・オミクロン」が新規感染者の約65%に確認されています。英国では、1月21日の時点で426人の新型患者が確認されており、保健当局は先週、BA.2を「調査中の亜種」に分類しました。

ヨーロッパが何らかの指標となるならば、「ステルス・オミクロン」は米国でより大きな割合を占めるようになるかもしれません。そこで、米国に到着した新型コロナウイルス「ステルス・オミクロン」について、これまでに分かっていることを詳しく見ていきましょう。

 

オミクロンとはどう違うのですか?

英国健康安全保障局によると、「ステルス・オミクロン」またはコロナウイルスのBA.2亜型は、より優勢なBA.1オミクロン株(私たちが「オリジナル」と考えるもの)と異なり、初期の株をPCR検査でオミクロンとして検出できるようにした変異がないためだそうです。

BA.1は、Sスパイク遺伝子に遺伝子欠損があり、PCR検査で陽性となった株を医師が迅速にオミクロンと識別・分類することを可能にしています。BA.2はその遺伝子欠失を含んでいないため、PCR検査で新型の陽性例をオミクロンと分類することは困難である、と英国健康安全保障局は述べている。

しかし、専門家の中には、このことは新亜細亜株がCOVID検査で一般的な検出を回避することを意味するものではないと言う人もいます。ただ、PCR検査で陽性となった場合に、オミクロンに分類するのが難しいということです。

「BA.2はPCRで検出可能である。使用するPCR検査によっては、BA.1(他のオミクロン)のようには見えないかもしれない。しかし、それでも陽性結果が出るだろう」と、スイスのバーゼル大学の計算生物学者であるコルネリウス・ローマー氏はツイッターに書き込んでいる。"非検出性についての虚偽がまだ残っているのを見るのは苛立たしい。"

BA.2の変異がその重症度や感染性にどの程度影響しているかはまだ不明ですが、研究者たちは、この新しい変異型は、オリジナルのオミクロンであるBA.1とは28以上の異なる変異がある可能性があると指摘しています。そのため、この新しい変異型は独自のギリシャ文字を持つ変異型として分類されることを求める声もあります。

 

どの程度心配すべきなのでしょうか

ステルスオミクロンを大量に検出したデンマークからの初期報告では、新しい変異型はオリジナルのオミクロンと比較して入院率の上昇を引き起こさないことが示唆されています。

デンマークの政府系感染症研究機関であるStatens Serum Institutは先週の声明で、「初期分析では、BA.2はBA.1と比較して入院数に差がない」と述べています。「BA.2感染時の重症化に対してワクチンも効果があることが期待されます」と先週発表した。

しかし、専門家の中には、この新しい変異型には懸念材料があると言う人もいる。この新型がオミクロンよりも感染力が強いということは研究でも明らかにはなっていません。オミクロンはこれまでのコロナウイルスよりも感染力が強いのですが、ヨーロッパとアジアで患者数が増加していることから、専門家は警戒を強めているのです。

ロンドン大学インペリアルカレッジのウイルス学者であるトム・ピーコック氏は、「複数の国で一貫して増加していることは、BA.2がBA.1よりもある程度感染力が強い可能性がある証拠だ」と水曜日にツイートしています。

ピーコック氏は、さらなるコメントを求めるFortuneの依頼にすぐに応じなかった。

 

次はどうする?

月曜日、世界保健機関は、BA.2がオリジナルのオミクロンと比較して新たな課題をもたらすかどうかを判断するために、当局が追加措置を講じるよう勧告しました。

「BA.2の特徴に関する調査。免疫逃避特性や病原性を含むBA.2の特性に関する調査は、BA.2とは別に(そして比較的に)優先されるべきものである。1とは別個に(あるいは比較対象として)優先的に調査すべきである」とWHOは書いている。

BA.2が米国でオリジナルのオミクロンに対してどのような位置づけになるかは、時間が経たなければわかりません。

患者数はまだBA.1オミクロン株よりはるかに少なく、疾病管理予防センターは、米国内外で流行しているこの亜種を引き続き監視していくとしています。

「BA.2系統は最近、一部の国でその割合が増加していますが、米国および世界で循環しているウイルスの中ではまだ非常に低い割合にとどまっています。CDCの広報担当者であるKristen Nordlund氏は、ワシントンポスト紙に寄せた声明の中で、「現在のところ、BA.2系統がBA.1系統に比べて感染力が強いか、あるいは体力的に有利かどうかを判断するデータは十分ではありません」と述べています。

 

ステルスオミクロン (1)

オミクロンの亜種 BA.2系統について情報を探ってみた。これをDeepLで翻訳してみる。

まだどの程度化はわかっていないが、こうした報告は手掛かりになるかもしれない。

francenewslive.com

 

BA.2についてわかっていることは以下のとおりです。


「ステルス・オミクロン」と呼ばれる新しい亜種は、RT-PCR検査では見えないことが報告されています。専門家は、パニックにならず、警戒を怠らないようにと述べています。最近発見されたCOVID-19亜種は、オミクロン主導で急増するCOVID-19感染者に対し、世界中ですでに懸念されている。この致死性ウイルスの新たな変異が、インドを含む数カ国で見つかっています。これは、BA.2と呼ばれる最新バージョンについてわかっていることです。

 

BA.2亜種

英国の保健当局は、BA.2と呼ばれる最新バージョンで数百人の患者を具体的に確認していますが、国際的なデータでは、比較的急速に広がる可能性があることが示唆されています。

国保健安全局(UKHSA)は、今月最初の10日間に英国で400件以上の感染者を確認し、インド、デンマークスウェーデンなど他の約40カ国でも最新の亜種が検出されたことを示しました。UKHSAは金曜日、現在英国ではBA.1ラインが優勢であるにもかかわらず、BA.2サブラインを調査中のバリアント(VUI)に指定したと発表しました。

研究によると、科学者がオミクロンの変種を発見した場合、そのオリジナル株であるBA.1には、PCR検査で検出されるスパイク遺伝子の「S」または欠失という形で変異が存在することが分かっているそうです。それに気づいたのです。しかし、BA.2亜種は同じ変異を持っていなかったので、「ステルス・オミクロン」と呼ばれるようになりました。

複数の専門家が、PCR検査で亜株が現れると主張している。"BA.2はPCRで検出可能だが、これらの報道は完全に間違っている。使用するPCR検査によっては、BA.1(別のオミクロン)のようには見えないかもしれないが、やはりそうなのだ。良い結果だ、とスイス・バーゼル大学の計算生物学者コルネリウス・ローマーはツイッターで述べた。

 

どこで流行っているの?

一般に「ステルスオミクロン」と呼ばれる亜種の感染例が、イギリスとデンマークスウェーデンノルウェー、インドで検出されています。

特にデンマークでは、12月下旬から1月中旬にかけてBA.2が20%から45%を占めている。luckによると、デンマークでは今週、1日あたり3万人以上の新規感染者を記録し、これは前回の波のピーク時の10倍に相当する。

しかし、デンマーク当局はまた、この時点でBA.2の上昇についてあまり読まないように国民に促した。

政府運営の感染症研究センターであるStatens Serum Insulatesは木曜日の声明で、「最初の分析では、BA.2はBA.1と比較して入院に差がない」と述べている。「このワクチンは、BA.2感染時の重篤な疾患に対しても有効であると予想されます。」

 

インドでの状況

Hindustan Timesによると 1月23日付の報道で、インドはオミクロン亜型のサンプルを530件報告したとのことです。

日曜日、最新の速報として、INSA COGは、これまでの国内のオミクロン症例のほとんどは無症状または軽度であるが、今回の波で入院やICU症例が増加し、脅威レベルが変化していると発表した。ないままであろうと述べた。

「オミクロンは現在、インドではBA.2株がかなりの割合を占めており、新規感染者が指数関数的に増加している複数の大都市圏で優勢である。, S遺伝子脱落型スクリーニングは、高い偽陰性をもたらす可能性がある」とINSA COGは述べている。

「最近報告されたB.1.640.2株はモニタリングされている。急速な拡大の証拠はなく、抗原性逃避の特徴もあるが、現時点では懸念する必要はない。今のところ、インドで症例が報告されている。検出されていない。」INSA COGが追加しました。

 

専門家による講演

科学者や医療関係者は、亜種の検出を受けて警戒を強めており、その出現が今後のパンデミック流行にどのような影響を与えるかを見極めようとしています。

UKHSAのCOVID-19インシデントディレクターであるMirachand博士は、パンデミックの進行に伴い、ウイルスの性質が進化・変異するため、新しい亜種が出現することが予想されると報告しています。

「今のところ、BA.2がオミクロンBA.1よりも重症化するかどうかを判断するための証拠は不十分ですが、データは限られているので、UKHSAは調査を続けています。」とChandは述べています。

フランスの疫学者Antoine Flahaultは、AFPに、「私たちが驚いたのは、アジアに広く分布しているこの亜種が、デンマークで急速に広がったことだ」と語ったと報じています。

「フランスは1月中旬に汚染の急増を予想していました。それは起こらなかったし、おそらく BA.1 が少ない毒性この亜種よりもはるかに多くの伝染性のようだによるものです」彼は観察しました。

「我々は、[亜種]それは感染性と重症度の面でBA.1とは異なる特性を持っているに関心があります。」

ジュネーブ大学グローバルヘルス研究所のフラウト所長は、パニックではなく「警戒」が合言葉だと述べる。「BA.2の場合重症度は古典的な変異体であるオミクロンと同程度です。」

 

車の回転計を後付けしてみる

中古で乗り始めたワゴンRにはタコメーター(回転計)が無い。なので車の回転数がどれくらいなのかが皆目見当がつかない。とはいっても、メーターに表示されているスピード、変速機のギヤの段数、タイヤの直径、それとギヤの減速比から計算で回転数を算出することができることを思い出した。とはいっても、計算式がどうだったかは忘れてしまったのでネットで検索すると、タイヤの直径やギヤ比を入力するとグラフを描いてくれるツールがあることには嬉しくなってしまった。

www.vector.co.jp

RPMSpeedGraphを作成した方には感謝。数字を入力するとグラフを描いてくれる。

f:id:KennyHeadway:20220118125555p:plain

必要な内容は、

  • タイヤサイズ(タイヤ幅、扁平率、インチサイズ)
  • 変則比(ギヤの速数、最終減速比)
  • エンジン回転数(最小値、最大値)

タイヤサイズは、タイヤに書いてある通り。エンジン回転数は型式K6Aのターボなしのもので、検索すれば最大値がわかる。最小値は類推だけれど、アイドリングの回転数かな。変則比も検索すれば情報がゲットできた。私のMH23SワゴンRは4速のATである。

あとはわかる範囲で入力してみるのだけれど、ちゃんとグラフを描いてくれることには感心してしまった。これをみると4速で2,000回転くらいで50km/hということになる。

このグラフの情報からスピードに対する回転数がわかるのだけれど、やはり計器が欲しいのが正直な気持ちである。

 

そこで目についたのが、OBDツールである。

www.amazon.co.jp

Amazonでは、同じようなアダプタがほかにも数多く販売されているが、一番安価なものを購入してみた。このアダプタを車のコネクタに接続して、Bluetoothで情報を送信して、例えばアプリをインストールしたスマホでその情報を受信させてリアルタイムに表示させるという内容である。多少の手間はかかるものの、これで情報がゲットできるのは凄いなと感心してしまう。

なお、このアダプタにはBluetoothで通信するもののほか、Wi-fiで通信するものもあるようだ。比較的少額だったので動かなければ動かないでも諦めることを思っていただけに、動いてくれてラッキーだった。発送元は中国からで、荷物の追跡も日本に入国したときまではトラッキングできた。あと補足で書いておくことは、スマホ用のアプリをインストールしていた8cmのCD-Rが同梱されていた。この中のアプリで使えそうなものを使ってみたところである。

 

実際には、ステアリングの左下にOBDアダプタをつける。エンジンのキーを外してもOBDアダプタをつけていると、LEDが点灯しているので、待機時の電力消費はどれくらいか気になるので、使わないときはコネクタから外している。忘れてつけていてバッテリーが上がらなければいいのだけれども、その辺はちょっと心配なところでもある。

スマホの画面にはTorqueというアプリをインストールして、計器類のレイアウトを自分でアレンジしてみた。

f:id:KennyHeadway:20220118131400j:plain

 

例えば朝の出勤時、エンジンを始動させた直後は以下のように情報が表示される。

エンジンの回転数が2,000回転近い。ちょうど2,100くらいのところに赤いマークがあるがこれは最大値を意味ているものだと思う。それにしても水温が7℃ということはエンジンが冷え冷えな状況である。

f:id:KennyHeadway:20220118131843j:plain

通勤の距離は5キロ程度で、いわゆるシビアコンディションの部類に入るらしい。エンジンが温まったところで走るのを止めてエンジンを止めてしまうのはあまり良いようではないことを調べて知ったところである。

アプリTorqueで、デフォルトで表示される画面は、下のものがある。回転数、速度、水温の他に加速度、スロットルの開口具合か?あとバキュームという表示もある。いくつも表示させることができる反面、小さく表示される。


f:id:KennyHeadway:20220118132305j:plain

私は回転計を一番大きく、速度計はデジタル表示。水温計は回転計と同じ表示にして、あとは電圧計をデジタル。それとGPSにも対応していて、GPSからの位置情報から速度を算出することもでき、OBD2からゲットされる速度との差も表示させてみた。

水温計が無い代わりに、水温が低いことを示す表示がある。この表示が大体54~55℃で消えることも、この内容を見て理解できた。ちなみにバッテリーの電圧は走行時は14.3Vもあるのだということも初めて知った。通常は12V程度かなと思っていたのだけれど、電圧は其れよりも高い。実はこの話とは別に、社内の照明やランプをLED化しようと思っていて、電圧が12Vと14Vでは2Vも異なるので、その辺のところは考慮する上で重要だと認識できた。

f:id:KennyHeadway:20220118132822j:plain

走りながらスクショを取るのは危ないので、事故を起こさないように細心に注意しているが、本当によくできているアプリだ。

これはレイアウトが若干異なるが、別の日に取ったスクショであるが、エンジンを回した時のもの。まあまあ良く回るエンジンだなと思ってしまった。

到着後は、水温もだいぶ上昇してきた。ただP(パーキング)に入れた時のアイドリング時は1,100回転程で結構高い回転数だなというのが一番強く思った印象である。

f:id:KennyHeadway:20220118133412j:plain

回転数が高いのは、ひとえに排気量が660ccなので前に乗っていたフィットの1.3リットルの半分程度である。フィットは重量ジャスト1トン(車検証にそう書いてあった)であったけれど、このワゴンRは800キログラムである。排気量が小さいし、それだけ重量のあるものを動かすには、エンジンの回転を上げてパワーを出していくということが当たり前なのだということを最近よくわかったところである。

 

中古軽自動車の納車まで

文字数は4,600文字ほど。なんだかんだ書いてしまった。

車検の期限が12月23日までで、12月7日に車検を受ける予約をしていた。年式が古く自動車税だって13年を超えているので15%の重加算が適用される。それを承知であと2年我慢していろいろな事情が解消されたら次の車にしようと考えていたところだった。

車検を通す予定だったが、想定外の修理費用を要することから急遽車検に費やすであろう金額で中古の軽自動車を購入するに至った経緯を備忘録で書いておこう。

私が乗っていたGD1フィットは1,300ccで1,500cc以下のカテゴリー。車両重量はちょうど1,000kgなので重量税は2単位であった。下記のコンテンツのように、13年超えているので税金も重加算される。

www.zurich.co.jp

 

車検前費用見積り

ジャッキアップして主な不具合の個所は2か所あり、左前のブレーキオイルの漏れとエンジンシャーシーからのオイル漏れであった。ブレーキオイル漏れは、その前の車検を受けた後しばらくして駐車場の縁石にタイヤの内側をぶつけてしまい、そのあとブレーキフルードが減ってつぎ足していることから察しがついていた。ぶつけてからモノタロウのブレーキフルード1リットルをこの時までに使い切ってしまったからそれは漏れていることもうなずける。エンジンシャーシーの下のオイル漏れは、説明によるとCVTのオイルの用である。なにか黄色っぽかったがエンジンオイルとは違う気がした。

概算見積は修理費込みで25万円ほどで、実際に車検を受けて不具合が見つかったら周囲をしていくとのことで、かなりリスキーなイベントである。

 

中古車屋へ行ってみた(1)

車検が20万円以上要するとのことで、中古車屋さんに行って実際に見てみることにした。中古車屋さんに行ったことがあるのはST202のカリーナEDを手に入れた時いらい10年以上も経過している。

別の中古車屋さんなんだけれど、車屋さんに足を運ぶことはほとんどないので、勝手がわからない。物を買うのだからスーパーマーケットへ行くのと同じ感覚というわけにはいかず何か身構えてしまう自分がいる。

『今日はただ見るだけ』というスタンスで見に行った。諸費用込みで最大40万円という予算で何が買えるのかということで、あたってみたら、三菱の平成24年式のeKワゴンであった。これが店頭価格が25万円、諸費用が10万円程度で消費税込みで37万円くらいであった。車検が2年ついての価格であるので、金額面ではクリアである。ただ、中古車や軽自動車の知識が皆無なので、見ながら勉強していく感じであった。でもカーナビがついているし、3速オートまで走行距離は7万キロ程度だった。エンジンルームを見たら洗浄しているようで、とても車を大事にしているような感じがした。このお店は整備ができる工場も敷地内にあるし、本店のほかに複数の店舗もある比較的大きなお店である。来週これを購入しようかと思ったくらいいいなと思ってしまった。

 

中古車屋へ行ってみた(2)

翌日、別の中古車屋に行ってみた。ここは軽自動車専門店で、軽自動車がぎっしりと並ばれていた。車両の価格が25万円というのはなかなかなく、程度のよさげな中古車が数多く並べられていた。数台車両価格25万円までのものがあったが別途車検が必要であるとか、なんだかんだで40万円は超えてしまう。最初に行ったお店が基準で見てしまうのもいけないが、割高感が否めなかった。このお店で分かったものは、そんなに安い車は変えないということである。今思えばインターネットオークションで車を買ったことはウェブの情報を頼りに購入するのでその分リスキーではあったが、どうもその基準で物事を考えることはやめた方がよいと思った。割高なお店ではあったが、このお店も見ることで、どういったものがどの程度で流通しているかがほんの少しでも分かったのはよかったと考えよう。

 

家族の知り合いのお店にあたってみた

知り合いのお店とはスズキの販売店(〇〇モータース)である。メーカー直営のディーラではなく、スズキの看板を出してスズキ車を売っている。そこに聞いたらちょうどいま平成21年(2009年)のワゴンRがあるというのである。型式はMH23Sで、年度によっていろいろなバリエーションがある。

www.goo-net.com

新しく車を買った方の下取り車であり、それをどうかということである。年式は12年も経過して車検が2022年の8月までということであるが、走行距離は37,000キロ。これだけの情報では古いということしか浮かばないが走行距離が年式の割には少ない。これは見てみたいなと思い、数日後約束して伺うことにした。

 

ワゴンRと対面した

訪問するまでに時間があったので、仕事の合間にワゴンRを調べてみた。平成21年ということで、変速機はCVTと4ATの両方が存在しており、グレードもFXかFXリミテッドのどちらかであった。概要をネットで学びながら実際の車を見てみたところ、12年経過という割には塗装がそんなに傷んでいなく、内装も古い感じがほとんどしなかった。内心はもうこれに使用とは思いながらも、後日どうするか伝えることで引き取った。

 

対面後に思ったことは

細かいことを言えば、ワゴンRにしてもeKワゴンにしても見た中古車にはタコメータが無い。これはしょうがない。そういう型式なのだから。塗装を細かく見てみると剥げている個所があった。これも年数が経過しているのだから仕方がないし、タッチペンで後で塗ればいい程度に考えている。ワゴンRはリモコンキーのボタンがダメになっていた。これはリモコンが使えないことを割り切るしかないなと思いながらも、ネットで調べるとボタンスイッチの部品が特定出来たり、ボタンカバーも車検証の情報があれば入手できることが分かった。であれば基板からスイッチを取り除いて新しいボタンスイッチを取り付けてやろうと思っていた。エアコンについては一応作動して問題なさそうだったが、ネットで見るとこの型式のワゴンRのエアコンは壊れやすいとか、リコール対象になっていた。今エアコンの不調が無くても来年の夏の車の際にガス補充などやってもらおうと考えていた。

 

結局このワゴンRにしよう

いろいろ考えてもこちらがいいのかなと思い、ワゴンRの購入の意思を伝えて手続きを進めていくことにした。お店の人が言うには、納車は大安が良いと言って、おのずと12月10日に決まってしまった。

 

納車までの1週間。いろいろ調べてみる

名義変更とかお店でやってくれるのはとても助かる。それで久々に住民票を近くの市民センターで取得してその足でお店へ渡したのが12月6日。その後点検整備してお渡しとのことでそれまではいろいろとワゴンRについて調べていた。名義変更ができたら車検証が出来るので、それを保険屋さんにFAXして車の入れ替えをお願いした。そのあとはいろいろとワゴンRについて調べていたが、よく壊れる箇所は以下のサイトのように説明されている。非常に参考になる。

carweakpoints.net

このサイトにはエアコンの故障とか、ドアミラーの格納とか説明されている。

余談で前車の話をすると、GD1フィットはエアコンが全然聞いていない状態だった。ガスが抜けてしまっていると思い単純につぎ足せばいいと考えていたが、車検前見積のときの整備士さんがガスは減ることが無くどこか漏れている可能性がある。足しても減ることがあるから修理するとかなり高くなるといわれて、やらない方が良いと思ってしまった。ドアミラーの格納は前々車MCV21ウィンダムでも、前車フィットでもギアがガーガー音が鳴って格納できない状況に陥ってしまった。ヒューズを外して格納できないようにすれば音が消えるがたためない。それでも音を消せるのであればヒューズを外して良しとした。ウィンダムはそれでOKだったがフィットはそれではダメだった。というのも、一つのヒューズでミラーとヒーターが電源供給されているため、ヒューズを外すと冬場寒くてしょうがない。それは困るということで、ミラーに接続されているハーネスをは外すことを考えた。だけれど、ハーネスを外すとサイドミラーに内蔵されている方向指示器のランプが点灯しなくなるので保安基準にひっかかる。やむなくこれもネットで調べて、ミラーを格納するときの線だけニッパーでプチっと切った。こうした作業は有難いことにネットにいろいろ情報がある。検索次第で意図した情報がゲットできるので、当時も役立った。

 

納車前日に電話が

点検整備最中にエアコンの不調が見つかったようである。でも事前に分かってよかったと思う反面、別途費用追加されたらどうしようというと思いながら、お店の人の進め方を見守ることにした。何が悪かったかといえば、エバポレータを好感しないといけないという話である。エアコンの故障が多いと聞いていたが、起こりうるのだなと納得してしまったが、実際には以下の情報が掲載されていた。

www.suzuki.co.jp

実際にエバポレータを交換すると費用はこれだけ要するようだ。

www.goo-net.com

さらにコンプレッサーまで交換となるとかなり大掛かりになる。

www.goo-net.com

もともと、夏場は通勤で日中車を動かすことは滅多にないので、エアコンを使用することはほとんどない。別の理由でエアコンつけると燃費が悪くなるので使わないというのが本音である。ただ雨の日で窓が曇るのはさすがに危ないので、曇ったらエアコン使おうというのが私の使い方である。

 

納車当日

エアコンの修理で夕方まで時間を要するとのことで事前に連絡があったが、こうしたことはもう任せるしかない。17時前に車ができたと連絡があり、その30分後に伺う旨を伝えた。この時間帯はほとんど車を運転することが無いので、ラッシュに遭遇するというか、こんなに混んでいるんだと驚いてしまった。自宅からも車屋さんは近いので、どの道を通れば早く行けるかを考えながら車屋さんに向かった。

お店の人は金額を事前に言った手前、加算することはできないと言ってくれて、事前の金額を現金でお支払いした。エアコンが整備されてラッキーと思っていたが、さらに驚いたのは壊れていたリモコンキーも新品になっていたので感激してしまった。そのまま渡してくれたとしても、自分で半田小手で部品を付け替えようと思っていたが、それをしなくてもよくなった。ただボタンスイッチが悪いことだけを前提としての話であるが、新品になっていたとは本当にうれしい限りだ。

 

ということで、納車までのことを記憶をたどり述べてみた。12月10日にゲットしたときは走行距離が37,773kmであった。1週間経過した12月17日は37,859kmと80㎞程運転したが軽自動車は結構しっかりした車なんだなと感心してしまった。しばらくこの車にお世話になると思うが、車検だけではなく1年点検もしながら悪いところは早めに直してしっかり維持したい。

 

今後やっていきたいことは、

  • エンジンオイルフラッシング
  • 車幅灯をLEDに変更する(前の車がそうだったので)
  • 速度と回転数を計算する(タコメータが無いので)
  • 錆びた個所をペイントする

などである。機会があればまた述べてみたい。