KennyHeadway's miscellaneous notes

雑記のコンテンツを集めて情報発信できるかな

橈骨(とうこつ)神経麻痺

先週の金曜日はアラームを掛けて寝るのを忘れて、いつもより1時間長く寝てしまった。その時間はちょうど出勤時間で慌てるわけだが、どうも右手がうまく動かせなかった。起きた当初は右手が体の下にあり長い時間体重で手が重さによって麻痺したのが原因だと思われた。

服を着替えようと、シャツのボタンを掛けようと思ってもうまくボタンがかけられない。左手は右手程働きはよくないが、この状態では左手の方が良く仕事が出来そうである。車の運転は右手がこんなになっても、それほど難しくはないのだけれど、会社に到着してから、キーボードがまともに打てないことに、この状況が大変なことを察した。

ネットで調べる前に思ったのが、ひょっとしたら脳梗塞でも起こったのかという一抹の不安である。10年以上前に比べれば、かなり健康には気を付けており、飲酒もほとんどせず、タバコも10年以上禁煙していることから、その可能性はないとは思ったがいろいろ調べてみた。

 

www.saiseikai-otaru.jp

手根管症候群なんて初めて聞く病名であるが、以下のように説明されてる。

親指から環指の半分に感覚の異常がみられます.手くびのX印の付近を軽くたたくと指先に電気が走るような痛みを感じます(ティネル徴候).手くびを深く曲げると指がしびれてきます(ファーレン・テスト).進行例では親指のつけねの筋肉がやせます.親指と人差し指できれいな丸が作れなくなります.

親指から環指の半分に間隔は認められたのはその通りであった。しかし、Xしるしの付近を軽くたたいても痛みが生じることは無かった。このような病気とはちょっと異なるようだ。

 

brain-gr.com

手のしびれから何が考えられるのか? それを見極めるためのコンテンツとして現状を当てはめてみたが、これだけでは判断しにくかった。

 

www.jhf.or.jp

さらに探してみると、こんな内容にもたどり着いた。確かに右手が体温が低いのがはっきりしている。会社にあったレーザ非接触温度計でも左右の掌で1~2度だがあった。胸の違和感はないので、これも私の症状とは違っているようだ。

 

maeda-seikei.jp

橈骨神経麻痺という病名が出てきた。このコンテンツを読んでみると状況からして当てはまりそうである。

お酒を飲んだ後に寝てしまい、イスの肘掛けや自分の頭で神経が圧迫され、目が覚めたら手が動かないことに気づいたというケースが典型的です。

”土曜日の夜の麻痺”と呼ばれています。

酒を飲んだわけではないが、体重で圧迫されていて朝起きたら動かないというまさにこれという感じである。

 

発症初日は最悪で、箸でモノが食べられない。仕方なしに左手でフォークを使って何とか食べることができた。キーボードは左手はフルに動かせるが右手は人差し指1本で打つというこれまた大変な作業である。マウスのクリックやホイールを回すのは何とかできそうだけれど、スムーズさに欠けてしまう。

2日目の土曜日は幾分かは改善した感じがする。親指と人差し指で環を作ろうとしても金曜日は全然できなかったが、ほぼ正円のような環ができるようになった。でも、右手で握ってものを持つことはできなかった。持てば手首がぐにゃっとなってしまいそうで、とても怖くて持てるものではない。

日曜日も、土曜日とそう変わらないが、しばらくこの橈骨神経麻痺と付き合わないと消えなさそうだ。将来の予行演習というわけにはいかないが、体が突然動かなくなった時にどうするか、絶望感が先なのか、何ができるか模索するのが先なのか、今回の系圏でいろいろと思い知らされた。最悪なことも考えつつ、何ができるのか模索しながら、ふさぎ込まず前へ少しでも進んでいけることが大事だなと痛感した。

橈骨(とうこつ)神経麻痺

先週の金曜日はアラームを掛けて寝るのを忘れて、いつもより1時間長く寝てしまった。その時間はちょうど出勤時間で慌てるわけだが、どうも右手がうまく動かせなかった。起きた当初は右手が体の下にあり長い時間体重で手が重さによって麻痺したのが原因だと思われた。

服を着替えようと、シャツのボタンを掛けようと思ってもうまくボタンがかけられない。左手は右手程働きはよくないが、この状態では左手の方が良く仕事が出来そうである。車の運転は右手がこんなになっても、それほど難しくはないのだけれど、会社に到着してから、キーボードがまともに打てないことに、この状況が大変なことを察した。

ネットで調べる前に思ったのが、ひょっとしたら脳梗塞でも起こったのかという一抹の不安である。10年以上前に比べれば、かなり健康には気を付けており、飲酒もほとんどせず、タバコも10年以上禁煙していることから、その可能性はないとは思ったがいろいろ調べてみた。

 

www.saiseikai-otaru.jp

手根管症候群なんて初めて聞く病名であるが、以下のように説明されてる。

親指から環指の半分に感覚の異常がみられます.手くびのX印の付近を軽くたたくと指先に電気が走るような痛みを感じます(ティネル徴候).手くびを深く曲げると指がしびれてきます(ファーレン・テスト).進行例では親指のつけねの筋肉がやせます.親指と人差し指できれいな丸が作れなくなります.

親指から環指の半分に間隔は認められたのはその通りであった。しかし、Xしるしの付近を軽くたたいても痛みが生じることは無かった。このような病気とはちょっと異なるようだ。

 

brain-gr.com

手のしびれから何が考えられるのか? それを見極めるためのコンテンツとして現状を当てはめてみたが、これだけでは判断しにくかった。

 

www.jhf.or.jp

さらに探してみると、こんな内容にもたどり着いた。確かに右手が体温が低いのがはっきりしている。会社にあったレーザ非接触温度計でも左右の掌で1~2度だがあった。胸の違和感はないので、これも私の症状とは違っているようだ。

 

maeda-seikei.jp

橈骨神経麻痺という病名が出てきた。このコンテンツを読んでみると状況からして当てはまりそうである。

お酒を飲んだ後に寝てしまい、イスの肘掛けや自分の頭で神経が圧迫され、目が覚めたら手が動かないことに気づいたというケースが典型的です。

”土曜日の夜の麻痺”と呼ばれています。

酒を飲んだわけではないが、体重で圧迫されていて朝起きたら動かないというまさにこれという感じである。

 

発症初日は最悪で、箸でモノが食べられない。仕方なしに左手でフォークを使って何とか食べることができた。キーボードは左手はフルに動かせるが右手は人差し指1本で打つというこれまた大変な作業である。マウスのクリックやホイールを回すのは何とかできそうだけれど、スムーズさに欠けてしまう。

2日目の土曜日は幾分かは改善した感じがする。親指と人差し指で環を作ろうとしても金曜日は全然できなかったが、ほぼ正円のような環ができるようになった。でも、右手で握ってものを持つことはできなかった。持てば手首がぐにゃっとなってしまいそうで、とても怖くて持てるものではない。

日曜日も、土曜日とそう変わらないが、しばらくこの橈骨神経麻痺と付き合わないと消えなさそうだ。将来の予行演習というわけにはいかないが、体が突然動かなくなった時にどうするか、絶望感が先なのか、何ができるか模索するのが先なのか、今回の系圏でいろいろと思い知らされた。最悪なことも考えつつ、何ができるのか模索しながら、ふさぎ込まず前へ少しでも進んでいけることが大事だなと痛感した。

オミクロン株。症状とブースター接種の効果;対デルタ株

英国健康安全保障局のレポート『英国で懸念されるSARS-CoV-2亜種と調査中の亜種
テクニカルブリーフィング34』(2022/1/14)で改めて認識した内容を書き残しておく。

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1050236/technical-briefing-34-14-january-2022.pd

全部有益な情報だけれど、デルタ株対オミクロン株の比較について。

 

オミクロン株はデルタ株と比べると風邪に近いと言われている。このレポートの図の10はデルタ株と比べてオミクロンはどのような症状が出てくるかを示している。特に違いがあるのはのどの痛みが目立つこと、それと嗅覚味覚障害はあまり認められないことである。

f:id:KennyHeadway:20220128124224p:plain

図10. オミクロンとデルタの症例で報告された特定の症状の修正オッズ比のプロット

2021年12月1日~12月28日に症状発現、2021年12月31日までにNHS Test and Traceに転送されたケース。2022年1月3日時点の変異体データ、2022年1月11日時点のコンタクトトレース・データ。

 

次は、ワクチンのブースター接種の効果。

f:id:KennyHeadway:20220128125406p:plain

図11 . デルタ(黒四角)とオミクロン(灰丸)について、投与1回目と投与2回目の後の期間別の有症状疾患に対するワクチンの有効性 (b) ファイザー社製ワクチンを2回接種し、ブースターとしてファイザー社製またはモデルナ社製を接種した者

ファイザーを2回打って、ブースターはファイザーあるいはモデルナという場合。ブースター後の効果はデルタ株程ではないが60%程度は維持しているようだ。

 

f:id:KennyHeadway:20220128140646p:plain

図11.デルタ(黒四角)とオミクロン(灰丸)について、投与1回目と投与2回目の後の期間別の有症状疾患に対するワクチンの有効性

(c)モデルナ社製ワクチンを2回接種し、ブースターとしてファイザー社製またはモデルナ社製を接種した者(ブースターについてはデータ不足)。

 

こちらはモデルナを2回打って、ブースターはファイザーあるいはモデルナという場合。ただブースター経過後の径かは最大でも4週間迄しか終えていないのでその後はわからないが概ねファイザー2階と同じ傾向にあると考えられる。

ステルスオミクロン (4)

これもまた、インドの記事であるが、亜種 BA.2系統は感染力が高そうである。PCR検査でCt値30以下をゲノム解析に回すようにしていたとのことであるが、追い付かなくなりそれをやめて海外渡航歴がある人を対象としている。日本でも普通に受けられる医療サービスが制限されてきているが、同じように今までできていたことができなくなる。限られたリソースで何ができるのか、何をやめても大丈夫なのか、そういった考え方を持った方が良いのかと考えされられた。

 

www.news18.com

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

コルカタのオミクロン感染者の80%にBA.2「ステルス」変異体が発見され、医師は集団感染を恐れている

コルカタの研究所からゲノム解読のために送られたCovid-19症例のほぼ80%からOmicron変異体の亜系譜であるBA.2が検出され、インドがコロナウイルス症例の急増の渦中にある今、都市生活者の間に不安が広がっています。

このサンプルは12月22日から28日の間にゲノム解読のために送られ、そのうちの80%近くがCT値30以下のBA.2陽性で、高いウイルス量を示していた。

ある検査機関から送られた検体では、34のCovid陽性検体がBA.2であることが判明しました。1検体はオミクロンBA.1、8検体はデルタとデルタプラスであった。別の検査機関から送られた17のCovid陽性サンプルのうち、14はオミクロンでBA.2系統に属し、残りはデルタであった。第3の研究室から送られた50のサンプルについての調査結果では、35がBA.2であった。

TOIの取材に対し、インド化学生物学研究所の免疫学者ディプヤマン・ガングリー氏は、ゲノム配列決定の結果は、コルカタと隣接地域のコミュニティで優勢に循環している亜系がBA.2であることを示している、と述べた。

"BA.2が地域の集団感染を引き起こしている可能性があります。この亜系は他の兄弟とは異なるが、遺伝的には同じ系列に属するため、病気の臨床経過に大きな違いはない」とTOIはDipyaman Gangulyの言葉を引用しています。

AMRIダクリアの微生物学シェリー・シャルマ・ガングリー氏によると、サンプルの約70%がオミクロン陽性で、そのほとんどがBA.2系であり、これは1週間前のことなので、オミクロンの存在は今までに何倍も増えていると思われるとのことである。

12月初め、政府はオミクロンの地域間感染を検出するため、CT値が30以下の陽性検体をすべてゲノム解読に回すことを決定していたが、1週間後、オミクロンの地域間感染が始まっていることが明らかになり、この決定は覆された。

現在、保健省は検査機関に対し、海外渡航歴のある検体のみを送るよう要請している。RN タゴール国際心臓科学研究所微生物学者 Swatilekha バネルジーは、BA.2 サブタイプがより一般的であるという兆候はあるが、彼らは結論を出すためにより大きなサンプル サイズを必要とすることを追加デルタに置き換えられることを確認した

BA.2株は、一般に「ステルスバージョン」と呼ばれ、ゲノム解読によってのみ検出が可能で、オミクロン変異体の亜流の1つであり、現在ではBA.1、BA.2、BA.3の3種類の亜型に分かれています。

マハラシュトラ州などではBA.1が優勢で、Delta型に代わって急速に流行していますが、BA.3はインドではまだ検出されていません。BA.2は最近海外に渡航した人から検出されていますが、BA.1では渡航歴のある人はほとんどいません。

カルヤニの国立生物医学ゲノム研究所(NIBMG)によると、12月最終週に収集されゲノム解読に回されたCovid-19サンプル10個のうち7個がこの「懸念すべき変異型」であることが判明し、2週間足らずでコルカタの人口においてOmicron変異型はDelta型を追い越したとのことです。

 

ステルスオミクロン (3)

海外の記事を検索すると、インドでステルスオミクロンが多く報道されている。オリジナルのオミクロン変異株よりも新たに28の変異が加わり感染力が増強したように伺える。

telanganatoday.com

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

テランガナ州に恐怖をもたらす「ステルス」オミクロン

ハイデラバード:テランガナ州は、最新版のオミクロン変種によるCOVID陽性感染が多数報告されているインドの上位4州のうちの1つです。インフルエンザウイルスのゲノムデータを共有するグローバルプラットフォームであるGISAIDで利用可能なゲノム配列データに基づき、2021年12月27日から2022年1月5日の間に、個人の合計90検体が、Omicron変種の新たに確認された亜系譜であるBA.2陽性となっていました。

同時期に、マハラシュトラ州では155例、ニューデリーでは129例、グジャラート州では128例のOmicron variantのBA.2亜系が確認されています。オミクロンの亜種はBA.1が主流ですが、テランガナ州ではBA.2亜種による感染者が大幅に増えていることが懸念されます。

BA.2は以前のBA.1と姉妹関係にあり、現時点ではこれら両方の系統をオミクロン変種と定義しています。この数ヶ月、ゲノム科学者はオミクロン変異株のBA.1系統を特定することができたが、BA.2を特定することはできなかった。そのため、この変異株はしばしば「ステルス変異株」と表現されるのである。

新しい亜流のBA.2は、BA.1の既存の32の変異をすべて共有し、さらに28の独自の変異を有しており、公衆衛生関係者や遺伝子研究者の間で多くの懸念を呼んでいる大きな理由である。複数の遺伝子研究者の報告によると、BA.2はインドやフィリピンでは主要なオミクロン系統であり、デンマーク、イギリス、さらにはドイツでも指数関数的に増加していることが十分に証明されている。

複数の国でBA.2が着実に増加しているのは、初期のオミクロン変異体よりもはるかに感染力が強いことを示しているのかもしれません。オミクロンのゲノム解読を注視しているこの国の上級公衆衛生職員は、研究があまり進んでいないため、初期のBA.1と比較してBA.2の性質についてはほとんど分かっていないと指摘している。

このオミクロンの亜型の感染者が急増したため、英国はBA.2を調査中の亜型と宣言しています。インド以外にも、デンマークスウェーデン、フィリピン、フランス、ノルウェーシンガポールでこの新しい亜型が見つかっています。

「BA.2系統はインドではかなりの割合を占めており、スパイク蛋白質遺伝子脱落に基づくスクリーニングは高い偽陰性を示す可能性があります。すべてのOmicron系統に適用可能なPCRベースのスクリーニングに適した検査法の使用が承認されている。インドSARS-CoV-2、ゲノムコンソーシアム(INSACOG)は、「これまでのところ、ほとんどのオミクロン症例は無症状か軽度であるが、現在の波では入院やICU症例が増加している」と述べている。

 

ステルスオミクロン (2)

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

「ステルス・オミクロン」対「オミクロン」:最新のバリエーションとオリジナルとの違いについて分かっていること

fortune.com

いわゆる「ステルス・オミクロン」変異型の患者数はまだ少ないが、保健専門家は国内で新型が出現していることを監視している。ワシントンのKOMOニュースの報道によると、科学者がBA.2亜種と名付けたものが米国で確認された症例は、今のところ100件未満だそうです。この菌株は、ワシントン州テキサス州などで確認されています。

しかし、ヨーロッパやアジアの一部では、この新型の感染者がここ数週間で増えてきています。1日のCOVID患者数が約4万人のデンマークでは、「ステルス・オミクロン」が新規感染者の約65%に確認されています。英国では、1月21日の時点で426人の新型患者が確認されており、保健当局は先週、BA.2を「調査中の亜種」に分類しました。

ヨーロッパが何らかの指標となるならば、「ステルス・オミクロン」は米国でより大きな割合を占めるようになるかもしれません。そこで、米国に到着した新型コロナウイルス「ステルス・オミクロン」について、これまでに分かっていることを詳しく見ていきましょう。

 

オミクロンとはどう違うのですか?

英国健康安全保障局によると、「ステルス・オミクロン」またはコロナウイルスのBA.2亜型は、より優勢なBA.1オミクロン株(私たちが「オリジナル」と考えるもの)と異なり、初期の株をPCR検査でオミクロンとして検出できるようにした変異がないためだそうです。

BA.1は、Sスパイク遺伝子に遺伝子欠損があり、PCR検査で陽性となった株を医師が迅速にオミクロンと識別・分類することを可能にしています。BA.2はその遺伝子欠失を含んでいないため、PCR検査で新型の陽性例をオミクロンと分類することは困難である、と英国健康安全保障局は述べている。

しかし、専門家の中には、このことは新亜細亜株がCOVID検査で一般的な検出を回避することを意味するものではないと言う人もいます。ただ、PCR検査で陽性となった場合に、オミクロンに分類するのが難しいということです。

「BA.2はPCRで検出可能である。使用するPCR検査によっては、BA.1(他のオミクロン)のようには見えないかもしれない。しかし、それでも陽性結果が出るだろう」と、スイスのバーゼル大学の計算生物学者であるコルネリウス・ローマー氏はツイッターに書き込んでいる。"非検出性についての虚偽がまだ残っているのを見るのは苛立たしい。"

BA.2の変異がその重症度や感染性にどの程度影響しているかはまだ不明ですが、研究者たちは、この新しい変異型は、オリジナルのオミクロンであるBA.1とは28以上の異なる変異がある可能性があると指摘しています。そのため、この新しい変異型は独自のギリシャ文字を持つ変異型として分類されることを求める声もあります。

 

どの程度心配すべきなのでしょうか

ステルスオミクロンを大量に検出したデンマークからの初期報告では、新しい変異型はオリジナルのオミクロンと比較して入院率の上昇を引き起こさないことが示唆されています。

デンマークの政府系感染症研究機関であるStatens Serum Institutは先週の声明で、「初期分析では、BA.2はBA.1と比較して入院数に差がない」と述べています。「BA.2感染時の重症化に対してワクチンも効果があることが期待されます」と先週発表した。

しかし、専門家の中には、この新しい変異型には懸念材料があると言う人もいる。この新型がオミクロンよりも感染力が強いということは研究でも明らかにはなっていません。オミクロンはこれまでのコロナウイルスよりも感染力が強いのですが、ヨーロッパとアジアで患者数が増加していることから、専門家は警戒を強めているのです。

ロンドン大学インペリアルカレッジのウイルス学者であるトム・ピーコック氏は、「複数の国で一貫して増加していることは、BA.2がBA.1よりもある程度感染力が強い可能性がある証拠だ」と水曜日にツイートしています。

ピーコック氏は、さらなるコメントを求めるFortuneの依頼にすぐに応じなかった。

 

次はどうする?

月曜日、世界保健機関は、BA.2がオリジナルのオミクロンと比較して新たな課題をもたらすかどうかを判断するために、当局が追加措置を講じるよう勧告しました。

「BA.2の特徴に関する調査。免疫逃避特性や病原性を含むBA.2の特性に関する調査は、BA.2とは別に(そして比較的に)優先されるべきものである。1とは別個に(あるいは比較対象として)優先的に調査すべきである」とWHOは書いている。

BA.2が米国でオリジナルのオミクロンに対してどのような位置づけになるかは、時間が経たなければわかりません。

患者数はまだBA.1オミクロン株よりはるかに少なく、疾病管理予防センターは、米国内外で流行しているこの亜種を引き続き監視していくとしています。

「BA.2系統は最近、一部の国でその割合が増加していますが、米国および世界で循環しているウイルスの中ではまだ非常に低い割合にとどまっています。CDCの広報担当者であるKristen Nordlund氏は、ワシントンポスト紙に寄せた声明の中で、「現在のところ、BA.2系統がBA.1系統に比べて感染力が強いか、あるいは体力的に有利かどうかを判断するデータは十分ではありません」と述べています。

 

ステルスオミクロン (1)

オミクロンの亜種 BA.2系統について情報を探ってみた。これをDeepLで翻訳してみる。

まだどの程度化はわかっていないが、こうした報告は手掛かりになるかもしれない。

francenewslive.com

 

BA.2についてわかっていることは以下のとおりです。


「ステルス・オミクロン」と呼ばれる新しい亜種は、RT-PCR検査では見えないことが報告されています。専門家は、パニックにならず、警戒を怠らないようにと述べています。最近発見されたCOVID-19亜種は、オミクロン主導で急増するCOVID-19感染者に対し、世界中ですでに懸念されている。この致死性ウイルスの新たな変異が、インドを含む数カ国で見つかっています。これは、BA.2と呼ばれる最新バージョンについてわかっていることです。

 

BA.2亜種

英国の保健当局は、BA.2と呼ばれる最新バージョンで数百人の患者を具体的に確認していますが、国際的なデータでは、比較的急速に広がる可能性があることが示唆されています。

国保健安全局(UKHSA)は、今月最初の10日間に英国で400件以上の感染者を確認し、インド、デンマークスウェーデンなど他の約40カ国でも最新の亜種が検出されたことを示しました。UKHSAは金曜日、現在英国ではBA.1ラインが優勢であるにもかかわらず、BA.2サブラインを調査中のバリアント(VUI)に指定したと発表しました。

研究によると、科学者がオミクロンの変種を発見した場合、そのオリジナル株であるBA.1には、PCR検査で検出されるスパイク遺伝子の「S」または欠失という形で変異が存在することが分かっているそうです。それに気づいたのです。しかし、BA.2亜種は同じ変異を持っていなかったので、「ステルス・オミクロン」と呼ばれるようになりました。

複数の専門家が、PCR検査で亜株が現れると主張している。"BA.2はPCRで検出可能だが、これらの報道は完全に間違っている。使用するPCR検査によっては、BA.1(別のオミクロン)のようには見えないかもしれないが、やはりそうなのだ。良い結果だ、とスイス・バーゼル大学の計算生物学者コルネリウス・ローマーはツイッターで述べた。

 

どこで流行っているの?

一般に「ステルスオミクロン」と呼ばれる亜種の感染例が、イギリスとデンマークスウェーデンノルウェー、インドで検出されています。

特にデンマークでは、12月下旬から1月中旬にかけてBA.2が20%から45%を占めている。luckによると、デンマークでは今週、1日あたり3万人以上の新規感染者を記録し、これは前回の波のピーク時の10倍に相当する。

しかし、デンマーク当局はまた、この時点でBA.2の上昇についてあまり読まないように国民に促した。

政府運営の感染症研究センターであるStatens Serum Insulatesは木曜日の声明で、「最初の分析では、BA.2はBA.1と比較して入院に差がない」と述べている。「このワクチンは、BA.2感染時の重篤な疾患に対しても有効であると予想されます。」

 

インドでの状況

Hindustan Timesによると 1月23日付の報道で、インドはオミクロン亜型のサンプルを530件報告したとのことです。

日曜日、最新の速報として、INSA COGは、これまでの国内のオミクロン症例のほとんどは無症状または軽度であるが、今回の波で入院やICU症例が増加し、脅威レベルが変化していると発表した。ないままであろうと述べた。

「オミクロンは現在、インドではBA.2株がかなりの割合を占めており、新規感染者が指数関数的に増加している複数の大都市圏で優勢である。, S遺伝子脱落型スクリーニングは、高い偽陰性をもたらす可能性がある」とINSA COGは述べている。

「最近報告されたB.1.640.2株はモニタリングされている。急速な拡大の証拠はなく、抗原性逃避の特徴もあるが、現時点では懸念する必要はない。今のところ、インドで症例が報告されている。検出されていない。」INSA COGが追加しました。

 

専門家による講演

科学者や医療関係者は、亜種の検出を受けて警戒を強めており、その出現が今後のパンデミック流行にどのような影響を与えるかを見極めようとしています。

UKHSAのCOVID-19インシデントディレクターであるMirachand博士は、パンデミックの進行に伴い、ウイルスの性質が進化・変異するため、新しい亜種が出現することが予想されると報告しています。

「今のところ、BA.2がオミクロンBA.1よりも重症化するかどうかを判断するための証拠は不十分ですが、データは限られているので、UKHSAは調査を続けています。」とChandは述べています。

フランスの疫学者Antoine Flahaultは、AFPに、「私たちが驚いたのは、アジアに広く分布しているこの亜種が、デンマークで急速に広がったことだ」と語ったと報じています。

「フランスは1月中旬に汚染の急増を予想していました。それは起こらなかったし、おそらく BA.1 が少ない毒性この亜種よりもはるかに多くの伝染性のようだによるものです」彼は観察しました。

「我々は、[亜種]それは感染性と重症度の面でBA.1とは異なる特性を持っているに関心があります。」

ジュネーブ大学グローバルヘルス研究所のフラウト所長は、パニックではなく「警戒」が合言葉だと述べる。「BA.2の場合重症度は古典的な変異体であるオミクロンと同程度です。」