KennyHeadway's miscellaneous notes

雑記のコンテンツを集めて情報発信できるかな

オミクロン株。症状とブースター接種の効果;対デルタ株

英国健康安全保障局のレポート『英国で懸念されるSARS-CoV-2亜種と調査中の亜種テクニカルブリーフィング34』(2022/1/14)で改めて認識した内容を書き残しておく。 https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_d…

ステルスオミクロン (4)

これもまた、インドの記事であるが、亜種 BA.2系統は感染力が高そうである。PCR検査でCt値30以下をゲノム解析に回すようにしていたとのことであるが、追い付かなくなりそれをやめて海外渡航歴がある人を対象としている。日本でも普通に受けられる医療サービ…

ステルスオミクロン (3)

海外の記事を検索すると、インドでステルスオミクロンが多く報道されている。オリジナルのオミクロン変異株よりも新たに28の変異が加わり感染力が増強したように伺える。 telanganatoday.com www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 テランガナ…

ステルスオミクロン (2)

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 「ステルス・オミクロン」対「オミクロン」:最新のバリエーションとオリジナルとの違いについて分かっていること fortune.com いわゆる「ステルス・オミクロン」変異型の患者数はまだ少ないが、保健専…

ステルスオミクロン (1)

オミクロンの亜種 BA.2系統について情報を探ってみた。これをDeepLで翻訳してみる。 まだどの程度化はわかっていないが、こうした報告は手掛かりになるかもしれない。 francenewslive.com BA.2についてわかっていることは以下のとおりです。 「ステルス・オ…

車の回転計を後付けしてみる

中古で乗り始めたワゴンRにはタコメーター(回転計)が無い。なので車の回転数がどれくらいなのかが皆目見当がつかない。とはいっても、メーターに表示されているスピード、変速機のギヤの段数、タイヤの直径、それとギヤの減速比から計算で回転数を算出する…

中古軽自動車の納車まで

文字数は4,600文字ほど。なんだかんだ書いてしまった。 車検の期限が12月23日までで、12月7日に車検を受ける予約をしていた。年式が古く自動車税だって13年を超えているので15%の重加算が適用される。それを承知であと2年我慢していろいろな事情が解消された…

車について書いてみようと思う

ブログに車のことを書こうとは当初は思っていなかった。でも長年乗っていたホンダのフィット(GD1)が12月の車検を通すために修理代を含めて通常の倍以上の金額を支払うことは経済的でないということで、軽自動車に乗り換えた。 GD1フィットはインターネットオ…

SARS-CoV-2のゲノムとタンパク質

サイト PDB-101のコンテンツより。 出典:PDB-101SARS-CoV-2 Genome and Proteins www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 SARS-CoV-2のゲノムは、ウイルスが宿主細胞に感染した後、リボソーム機構によって合成される大量のタンパク質をコード…

半導体不足 (5) コネクタが昨日出荷されたようだ

コネクタが来年の夏ごろに入荷すると案内があって、もう諦めていたのだが、昨日出荷されたというメールが届いた。好意的に考えれ、製品が生産され始めて品不足が解消されつつあるかなと思うが、まだまだ先が長いようだ。 半導体不足の話題とは離れてしまうが…

ハイブリッド免疫

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 なお、文中の括弧内の数字はこの内容の参考文献である。 https://www.science.org/doi/10.1126/science.abj2258 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)の感染に対する免疫は、国際社会にと…

半導体不足 (4) ご丁寧に納期延期の通知があった。

今回は文字だけの話になる。3日前に、コネクタの納期遅延の連絡が届いたので、あきらめモードになっていたが、ご丁寧に、1か月遅れるという通知をメールで受けた。こうした状況から、この業界全体として、かなり品不足で混乱していることが伺える。 私の業務…

半導体不足 (3) コネクタまで影響が及んでいる

現在仕事で開発している試作基板は、部品も代替しながらなんとか納品された。コネクタを使っているので注文したが、納期が延期されたという通知のメールが届いてしまった。取引先の方と話をしている中で、コネクタも入手ができなくなってきていると1週間ほど…

SARS-CoV-2の体への影響は多岐にわたる

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 SARS-CoV-2は、研究者たちの丹念な調査により、複数の臓器や組織を破壊することが明らかになりつつある。www.the-scientist.com 昨年の春、パンデミックの第一波が米国東海岸を襲ったとき、臨床医は主に…

デルタ変異株の5つのポイント

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 www.yalemedicine.org 1. Deltaは他のウイルス株よりも感染力が強い。 イェール大学医学部の疫学者であるF.ペリー・ウィルソン医学博士は、デルタの特徴の1つとして、感染の速さを挙げています。CDCの推…

Science Museum Groupより COVID-19 デルタ変異株の発生

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 www.sciencemuseumgroup.org.uk かつてCOVID-19の抑制に成功したと思われていた英国のようなワクチン接種率の高い国では、デルタ型の感染が急増しています。サイエンス・ディレクターのRoger Highfield…

『呼吸器系ウイルスの空気感染』Science誌より 5/5

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 出典:Airborne transmission of respiratory viruses『呼吸器系ウイルスの空気感染』(Review Summaryの図)呼吸器系ウイルスの空気感染に関わる段階。ウイルスを含んだエアロゾル(100μm未満)は、ま…

『呼吸器系ウイルスの空気感染』Science誌より 4/5

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 出典:Airborne transmission of respiratory viruses『呼吸器系ウイルスの空気感染』(Review Summaryの図)呼吸器系ウイルスの空気感染に関わる段階。ウイルスを含んだエアロゾル(100μm未満)は、ま…

『呼吸器系ウイルスの空気感染』Science誌より 3/5

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 出典:Airborne transmission of respiratory viruses『呼吸器系ウイルスの空気感染』(Review Summaryの図)呼吸器系ウイルスの空気感染に関わる段階。ウイルスを含んだエアロゾル(100μm未満)は、ま…

『呼吸器系ウイルスの空気感染』Science誌より 2/5

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 出典:Airborne transmission of respiratory viruses『呼吸器系ウイルスの空気感染』(Review Summaryの図)呼吸器系ウイルスの空気感染に関わる段階。ウイルスを含んだエアロゾル(100μm未満)は、ま…

『呼吸器系ウイルスの空気感染』Science誌より 1/5

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。 出典:Airborne transmission of respiratory viruses『呼吸器系ウイルスの空気感染』(Review Summaryの図)呼吸器系ウイルスの空気感染に関わる段階。ウイルスを含んだエアロゾル(100μm未満)は、ま…

ラムダ株 (Lambda variant) (7)

ANNNewsCHより。南米ペルーでデルタ株が流行しない理由をラムダ株との関連から説明されていた。ツカヤマ教授の説明で重要と思われることを赤文字にしたが、ラムダ株がどういったものかわかるかもしれない。 わずか2%・・・南米ペルーでデルタ株が拡大しない…

ラムダ株 (Lambda variant) (6)

Forbsの記事でラムダ株についてDr.William A. Haseltineが日本の研究者がbioRxivに発表したプレプリントをもとに解説していた記事を見つけた。ラムダ株の情報はまだ限定的だが、日増しに多くなってきている。アメリカは南米に近いこともありデルタ株で大変な…

吐く息を可視化する技術ってスゴイ!

高感度高解像度赤外線カメラで二酸化炭素を検出する原理で 新型コロナウイルス感染症で、エアロゾルによる感染リスクを下げることを意識していて、YouTubeを調べたら、以下の動画に出会うことができた。カメラの性能とレンズの性能が非常に良いことが伺える…

半導体不足 (2)

デジタルアイソレータをやむなく変更した 開発を進めて、試作基板を作成するために、回路図から生成されたネットリストと部品表をいつも発注している基板屋さんに提出する。半導体不足の影響で、部品変更が余儀なくされた。デジタルアイソレータという入出力…

防音ネジ「Sound Screw」

高校の同級生が教えてくれた。すごい構造をしたネジだなと感心した。 このネジを作ってくれる工場を探しているとのことで、商品化はまだみたい。 仕事で取引があるネジやさんに教えてみようと思った。 ただ、どうやって何を固定するのかがいまいちピンとわか…

ラムダ株 (Lambda variant) (5)

ここのところ、ラムダ株は情報がいろいろヒットするようになってきた。今回で5回目ですが、当方医学系知識は皆無なので、その点ご了承を。ちょっとはお勉強していますが、膨大すぎておなかいっぱいです。 www.csiro.au CSIRO (Commonwealth Scientific and I…

ラムダ株 (Lambda variant) (4)

オリンピック最凶株だどいわれていたが、今朝のニュースを確認したら、上陸を確認したとのこと。 news.yahoo.co.jp 現在の懸念はもっぱらデルタ株である。ペルーではデルタ株ではなくラムダ株の猛威という状況だった。ペルーはあれから新規感染者数の統計を…

照明をLED電球にかえてみた

LED

20年程天井の照明に蛍光灯のシーリングライトを使っていた。ところが照明器具の故障で、蛍光灯が一切つかなくなってしまった。蛍光灯はインバータ回路で、ヒューズが切れていて、部品が1個焦げていたのでこれを変えれば直るかなと思ったが、この分野の知識は…

ラムダ株 (Lambda variant) (3)

感染症専門医の忽那賢志先生の記事が掲載されたので、さっそく読んでみた。 news.yahoo.co.jp 現時点では情報は限定的であるが、引き続き関心をもっていこうと思う。 それでも、今日は検索するといくつかはヒットする。その中で、 www.news-medical.net 出典…